Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

IR反対署名を和歌山県に提出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
紀伊民報

 「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)」の和歌山市への誘致に反対する県内の市民団体3団体が4日、仁坂吉伸知事宛てに1万6344筆の署名を提出した。  県はIRを和歌山市の人工島「和歌山マリーナシティ」に誘致しようと取り組んでいる。署名を提出した3団体は「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」「和歌山カジノに反対する海南の会」「ストップ!カジノ和歌山の会」で、今後も署名活動を続けていくという。  3団体は同日、和歌山市で記者会見を開いた。「カジノ問題を考える和歌山ネットワーク」の畑中正好事務局長は「コロナ禍前に作った計画のまま進められるのか。訪日外国人からカジノに多くお金が落ちるという期待は、見通せない。撤退すべきであり、IR誘致の予算をコロナ禍で困っている人の救済に回すべきだと県に伝えた」と説明した。  「ストップ!カジノ和歌山の会」の豊田泰史共同代表は「仁坂吉伸知事は新型コロナでは合理的な対応をしたと一部評価されているが、IRカジノの推進については全く合理的な考えをされていない。コロナ禍で状況が変わったのに、何の検証も無く推進に突っ走っている。共通の土壌に立って正面から議論をしたい」と訴えた。

紀伊民報

【関連記事】