Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パ全球団がトレード申し込みも……阪神・藤浪晋太郎にある「移籍の壁」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 開幕から一時は2勝10敗とつまずくも、その後勝率5割ラインまで戻した阪神。この勢いに誰よりも乗りたいのは、7月23日の広島戦で1年ぶりに先発登板した藤浪晋太郎(26)だろう。 【写真】この記事の写真を見る  最速156キロ、7回途中まで4失点にまとめたが、課題の制球難は相変わらずで与四球は6つ。だが、ネット裏で見た他球団のスコアラーは「復調の兆しが見られた」と評価する。 「抑え気味にストレートを投げても150キロ近くを計測。以前は力任せの投球でコントロールが利かず、“脱力投法”なども試したがフォームがバラバラになっていた。今回はあくまで直球を捕手のミットに投げ込む、ということをシンプルに集中してやれていたね」  試合後、矢野燿大監督は「来週、もう一度投げさせる」と明言。ただ、球団関係者は「矢野監督は決めかねている」と苦笑する。 「先発ローテの一角を任せようとしていた新外国人ガンケルの先発復帰のメドが立たず、調子がいいのは青柳晃洋くらい。いわば『枠が空いている』から藤浪を投げさせた。現状、一軍構想から半ば漏れていることには変わりないよ。実際、藤浪にはパ・リーグ全球団から何度もトレードの申し込みがあったし、矢野監督も計算できる投手としては見ておらず、『放出やむなし』の姿勢です」

 在阪局のスポーツプロデューサーもこう続ける。 「今回の一軍先発は『トレードがしやすくなるための品評会だな』との声もあったほど。本人も球団も売り時を逃したので、今、トレードをまとめるには一軍でそこそこ使えることを一発勝負で証明しないといけなかった。ただ、障害となっているのはドラフト1位で獲得したのにロクに育てられず、他球団に移籍後、活躍されたら困ると焦る球団幹部のメンツだね」

寮を出たら“遊びグセ”がついてしまい……

 実は、道を踏み外すきっかけを与えたのも球団だ。 「尾を引いているのは高卒だと5年間、寮生活を送るところを、本人たっての希望で4年で退寮させたこと。その後、北新地でタニマチと頻繁に飲み歩くなど“遊びグセ”がついてしまった。そして今年3月にはタニマチとの会食でコロナに感染し、その後も一軍の練習に遅刻して二軍降格。今春のキャンプには矢野監督が頭を下げて山本昌さんを臨時コーチに呼ぶなど、何度も復調のきっかけを作ろうとしたけど、首脳陣は『もう、あかんな』と見放してるよ」(在阪スポーツ紙記者)  先日、 西勇輝投手の“コロナ禍不倫” を「週刊文春」が報じた際には、阪神のスキャンダルに絡んで「また俺の名前も出ている……」と自虐的に語っていたという藤浪。再起は自身の右腕にかかっている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年8月6日号

【関連記事】