Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロに聞く、日常防災の極意。新型コロナ対策も考えて。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クロワッサンオンライン

撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

国際災害レスキューナースの辻直美さんに話を聞きました。

阪神・淡路大震災、東日本大震災などの大地震に、大型台風や記憶に新しい今年7月の豪雨といった水害も年々激化。緊急避難を余儀なくさせられる状況が増えつつある。 「いまや自然災害は日常の出来事。しかも新型コロナウイルスの目に見えぬ脅威も加わって、少しの油断もできません。常に防災を意識して、日ごろから備えておくことが大切です」 と指摘するのは国際災害レスキューナースとして災害現場で救助活動をしている辻直美さん。いまだに多くの人が防災を勘違いしているという。 「非常持ち出し袋や防災グッズを買うと安心してしまうんです。中身をチェックせずに放置しているので、賞味期限も把握できていない。これではいざというとき、なんの役にも立ちません」 防災はすでに日常の延長線だから、家にあるものでなんとかする。その知恵と工夫こそが肝心、と辻さんは言う。

「防災に役立つアイテムは、家にあるものでほぼまかなえます。ラップ、ゴミ袋、布ガムテープといったものは多用途に使える万能アイテムだし、足りないものはたいがい100円ショップで手に入ります。お金はかけるべきところだけにかけて、あとはリーズナブルにすませる。そうすれば防災のハードルは高くありません」 家にあるものを見直して、防災に役立てていく。それが日常防災の極意。非常持ち出し袋には最低3日分を想定して入れておきたい。辻さんにいま用意すべきアイテムを教えてもらった。

ふだんから持ち歩きたいお助けアイテム。

辻さんは日ごろから、いつ災害にあっても対処できるように最低限必要な「命を守る」アイテムを持ち歩いている。 「中でも大切なのが万能ナイフ、ソーラーライト、コンパス、防災笛の4つ。これを登山用のカラビナにセットしています」 ハサミやナイフがついている万能ナイフは布の切断に使うなど多用途で、ソーラーライトは停電時に、コンパスはスマホのマップ機能が使えなくなったときに、防災笛は助けを呼ぶために必要なマストアイテム。 「もうひとつ、女性におススメなのが懐紙。可愛いデザインのものがたくさんあるし、防災に役立つ万能アイテムで、メモ用紙にしたり、紙皿代わりにしたり、クシャクシャに揉むと柔らかくなり水に溶けるので、ちり紙、ティッシュ、メガネ拭き代わりにも使えます。私はふだんからティッシュは持ち歩かず、懐紙を使っているんですよ」

【関連記事】