Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

苦戦続きだった前半戦のカープ。過去5年の戦いぶりは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 新型コロナウイルスの影響で、各球団が例年とはまったく異なるシーズンを送っている。今季は交流戦やオールスターゲームなどが中止となり、シーズンも通常とは20試合以上少ない120試合制で開催されている。 【写真】カープ元指揮官の心を動かした“黒田博樹”からの言葉  そんななかカープは開幕直後から波に乗ることができず、折り返し地点となる60試合目(8月30日、阪神戦)を終えた段階で24勝30敗6分の5位。首位・巨人から10ゲーム差をつけられるなど、後半戦突入を前にして厳しい状況に追い込まれていた。  はたして前半戦の勝率.444という数字は、過去5年間のシーズンと比べてどれほどのものなのか? 過去5年間の前半戦(オールスターゲーム前)の成績を振り返ることで、カープの現状を再確認してみたい。 ◆2015年/打線が沈黙。前半戦の失速が響き3年ぶりのBクラスに/38勝42敗1分 <シーズン順位・4位/69勝71敗3分>  緒方孝市新監督で迎えた2015年。シーズン開幕を前にして、黒田博樹と新井貴浩が8年ぶりに揃ってカープに復帰。直近の2年間で連続でAクラス入りを果たしていたこともあり、優勝に向けての機運は最高潮に高まっていた。  ところが4月末の時点で9勝16敗の成績で最下位に沈むなど、球団を取り巻く熱とは反比例する形でシーズンが進行。鯉の季節に入っても最下位を抜け出すことができず、まずは勝率を5割に戻すことが最優先事項となった。  低迷の要因となったのが打撃陣の不振。チームを引っ張る存在として期待された菊池涼介、丸佳浩の“キクマルコンビ”が想定外の不振に陥り、シーズンを通じて得点力不足に悩まされた。結果、0.5ゲーム差及ばすの4位でシーズンを終了。前半戦の失速が最後まで響く形となってしまった。

◆2016年/重量級打線が爆発。貯金19で前半戦を終了/52勝33敗2分 <シーズン順位・1位/89勝52敗2分>  前年、不振に陥った打撃陣を復調させるため、カープは新たに球団初となる打撃コーチ3人体制を導入。徹底的に“つなぐ意識”を植え付けられた選手たちは、前年の不調が嘘のように打席内で結果を残し続けていった。  特筆すべきは交流戦中盤に入ってからの戦いぶりだ。6月14日の西武戦から6月29日のヤクルト戦までのホームゲームの成績は、なんと11勝0敗。一気に他チームを引き離し、貯金19で前半戦を終了した。  完全に勢いづいたチームは、その後も白星を重ね続けリーグ内を独走。2位に17.5ゲーム差をつける圧勝劇で、25年ぶりとなるリーグ優勝を引き寄せた。

【関連記事】