Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長谷川理恵、意外な過去を告白「どれだけ痩せても自信がもてず体重は43キロに…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

現在は「正直年齢など怖くないしそもそも思い込みだと私は思っている」

 ファッションモデルの長谷川理恵が10日、インスタグラムを更新。自身の身体について、詳細に言及した。 【動画】しなやかボディーでトレーニングをする長谷川理恵。過去にはコンプレックスもあったが、今は「私の身体大好き!」と胸を張る  長谷川は「しなやかな動きでしなやかなボディーに 今日は今まであまり話したくなかった身体のお話」と切り出すと、「先ず…46歳今の身体と精神が一番好きです」と告白。「それまで自分の身体を好きになれなかった。長年モデルやっているのになぜ?と思うかもしれません」と語りかけた。  長谷川のインスタによると、高校時代、英国留学中の3年間で20キロも体重が増えたという。この頃から自分の身体が嫌いになったと言い、大学時代にはモデル事務所にスカウトされるも「何故自分が?」と本気で不思議に思ったようだ。  その後、読者モデル、雑誌「CanCam」の専属モデルに。しかし、「ずっと自分の身体に自信が持てなかった」という。そこで、「他のモデルと比べて脚が太いのが嫌で毎晩毎朝ゴリゴリ塩揉みをした」という長谷川。「アザだらけで編集者さんをびっくりさせてごめんなさい!どれだけ痩せてもまだ自信がもてず体重は43キロに。脚は棒のようだった」と振り返った。  だが、マラソンとの出会いを経て、「やっと自分の身体が好きになれたのが45歳でアンダーアーマーとアスリート契約させていただいた頃から」。そこで「脚の太さも筋肉も小さい胸も全部好きになれた」という。  現在は、週一回のトレーニングの中で、自身の体が細胞レベルで活性化していくのがわかるという。最後に長谷川は「私の身体大好き!と思うと身体はばんばん応えてくれる。しかも幸せホルモン付き!精神が同じ方向を向いているから。正直年齢など怖くないしそもそも思い込みだと私は思っている」と綴った。

ENCOUNT編集部

【関連記事】