Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「婉曲」的な言い方…読めますよね?「わんきょく」ではありませんよ!

配信

CanCam.jp

生まれてからずっと日本語を使って生活をしている人でも、「これなんて読むの?」という漢字に出会うことはたくさんありますよね。 「総総」の読み方、知ってる?「そうそう」じゃなくて… 「長閑」、「馴鹿」、「俎板」などがその例ではないでしょうか。順番に「のどか」「トナカイ」「まないた」ですよ。読めましたか? 読み方が難しくて奥が深い漢字ですが、今回はこの単語をチョイス!

「婉曲」。なんて読むかわかりますか? 古典文法の授業や小説の中ではよく出てきますが、口に出して言うことは少ないかも? でも、意外と普段の生活の中でやっていることなんです! 小学館デジタル大辞泉によると、意味は以下の通りです。 【言いまわしが穏やかでかど立たないさま。露骨でなく、遠まわしに言うさま。】 気の乗らないお誘いを断ったり、少し言いにくいことを言ったりする際にはダイレクトに言わず、このように言うことはみなさんも多々あるのではないでしょうか。

正解は、こちらです!

読み方は、「えんきょく」でした! 要するにみんなが「オブラートに包む」と表現していることです。「婉曲に断る」などと表現できれば、知的で大人なイメージを与えられそうですね!  これまで読み間違えていた人も、これからは正しく使ってくださいね!(平田真碧)

【関連記事】