Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ぷらそにかの小玉ひかり、ライヴ定番曲「いやになっちゃったときの唄」配信リリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 YouTubeで話題のアコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”、オンライン・ア・カペラ・サークル“WHITEBOX”で活躍する小玉ひかりが、10月16日(金)に配信シングル「いやになっちゃったときの唄(arrange.ver)」をリリース。  リスナーの背中を押してくれる明るい応援歌となっている本作は、ライヴでは定番となっている楽曲。8月にYouTubeで公開されたミュージック・ビデオは、ぷらそにかのオリジナル曲「僕らはPOP」で監督を務めた中磯好生が担当し、ファンタジーと現実世界を織り交ぜた、コミカルで元気の出る小玉らしさが表現された作品に仕上がっています。  また、10月25日(日)には初のワンマン・ライヴとなる〈こだまの間〉が配信ライヴにて開催されます。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

【関連記事】