Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東野幸治 出演番組スタッフは陰性と判明…「行列」「主治医-」などを欠席

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 お笑いタレント東野幸治(52)が8日、YouTubeの公式チャンネル「東野幸治の幻ラジオ」を更新。1日に配信ライブで一緒になったスタッフが、新型コロナウイルスのPCR検査を受けたが、6日に陰性と判明したことを明かした。  東野は1日にゲーム実況番組を生配信。20~25畳ぐらいの部屋で品川祐、かまいたちと一緒で、スタッフたちは部屋の隅にいたという。当該スタッフとは会話もしておらず、接触もしていないが、4日に行われたMCを務めるテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」の収録は、医療番組であることなどから、局側の判断で欠席。南海キャンディーズ・山里亮太が代役を務めた。  5日には日本テレビ「行列のできる法律相談所」の収録(2本録り)だったが、コロナ陰性の結果が出るまでは出演できないということで欠席。1本目の代役は坂上忍、2本目はヒロミが務めた。4日の生放送「正義のミカタ」(ABCテレビ)、4日収録の「ワイドナショー」などは局のガイドラインで出演ができた。  当該スタッフのPCR検査の結果が6日午前に陰性と判明したことを報告した東野は、「僕は全く問題ございません。至って健康ですし、今後もバリバリ働いていきます」と無事を伝えた。

【関連記事】