Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米ミズーリ州で営業再開直後に美容師がコロナ感染 客ら91人が感染の可能性

配信

ENCOUNT

営業再開後8日間勤務

 米ミズーリ州の保健当局者によると、今月、新型コロナウイルスの感染徴候が見られる美容師が8日間にわたって店で働き、客と従業員を合わせて91人を感染の危険にさらしたという。米放送局「CNN」電子版が報じた。 【画像】医者もびっくり!?…ナオミ・キャンベルのコロナ対策  今回の事例は、ミズーリ州スプリングフィールドのヘアサロンフランチャイズ「グレート・クリップス」で起きた。同地の保健局の主任クレイ・ゴダード氏は、該当の美容師が84人を接客し、客のほかに7人の従業員にも接触したと伝えている。  また、ゴダード氏は声明で次の通りコメントしている。 「従業員及び客はフェイスカバーを着用していましたが、直接感染の危険にさらされた恐れのある84人と7人の従業員には、保健局より感染の恐れがある旨の通告をいたします。この感染の恐れがある間、フェイスカバーは着用されていたため、これ以上の感染の恐れが出ないことを願っています」  その美容師がいつ陽性と判断されたかは不明であるものの、感染は日常の中の移動で起こったものとみられている。なお、同州では今月12日より理髪店などでの営業再開が許可されており、美容師は同日から8日間勤務している。  同州保健局は今回の件について、感染源となった美容師が訪れたスーパーマーケットや薬局などのすべての場所を公表。それらの場所に足を運んだ人に対し、新型コロナウイルスの感染兆候に注意するよう呼びかけている。

◆私たちENCOUNT編集部では、新型コロナウイルスについて取材してほしいことを募集しております。info@encount.pressまでお寄せください。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT