Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香典・ご祝儀の相場は? 冠婚葬祭のお金を惜しんで「ケチ認定」されないために

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

結婚式やお葬式など冠婚葬祭の出費は、ばかになりません。家計のやりくりが厳しいときには「できるなら節約したい」と思うこともあるでしょう。しかし、ご祝儀や香典が他の人より明らかに少ないとなると、相手から良く思われないかもしれないという不安もありますよね。では、最近の平均金額はどれくらいなのでしょうか? 

お葬式の香典・結婚披露宴のご祝儀の相場は?

終活サービスを提供する株式会社鎌倉新書の「第4回お葬式に関する全国調査(2020年)」では、直近2年以内にお葬式を行った(携わった)経験がある全国40歳以上の男女を対象に、葬儀をめぐる諸々の費用について調べています(2020年2月調査、有効回答数:2,000件)。 その結果、会葬者からの香典の合計は平均で71.1万円で、会葬者の平均人数は55人(遺族を含む)。これをもとに1人当たり金額を計算すると1万3000円弱になります。 故人との関係で見ると、まず親族の場合は、親や祖父母、兄弟姉妹の葬儀の場合、自分の血縁か配偶者の血縁かに関わらず、4割以上が「香典を出していない」という回答。特に自分の親の場合は6割超が香典を出していません。なお、関係別に最も割合の多い金額帯は次の通りです。  ・自分の親:10万円以上、配偶者の親:5万円以上10万円未満  ・自分の祖父母:1万円以上2万円未満、配偶者の祖父母:1万円以上2万円未満  ・自分の兄弟・姉妹:5万円以上10万円未満、配偶者の兄弟・姉妹:1万円以上2万円未満  ・その他の親戚:1万円以上2万円未満 また、職場関係・友人・知人等の場合、最も割合の多い香典の金額帯は次のようになります。  ・職場の上司・同僚・部下:5千円以上1万円未満  ・上司・同僚・部下の家族:5千円未満  ・友人・知人、友人・知人の家族:5千円以上1万円未満  ・近所の人:5千円未満 一方、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017~2019」によると※、2019年のご祝儀の相場は、友人・同僚が3万円、上司が4.1万円、親族が7.1万円、恩師が3.8万円、総額は平均224.1万円という結果でした。 過去3年の推移を見ると、友人・同僚、上司、恩師の金額に大きな変化はありません。ただし、親族は2017年が6.6万円、2018年が6.7万円、2019年が7.1万円と3年間で5千円増となっています。 ※「暮らしと金融お金何でもデータ(2019年度)4. 冠婚葬祭」(金融中央広報委員会)

【関連記事】

最終更新:
LIMO