Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題の「台湾カステラ」牛乳パック型を使って家でもふわっふわ仕上がりに。卵2個でミキサーいらずの食べ切りサイズ!

配信

kufura

おうち時間が増え、おやつ作りを楽しむ人が増えている今、SNSなどで話題を呼んでいるのがフワフワしっとりの生地が決め手の「台湾カステラ」。本場台湾でその美味しさに目覚め、お菓子作りも大好きなエディター・門司紀子が試行錯誤したどり着いた究極のレシピを公開します! 型は身近な素材を使って手作り、電気オーブンレンジでも、簡単に作れるのが魅力!

台北で食べたあの味&食感が忘れられなくて…

台湾好きが高じ、『台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回』(小学館)という、1日で台湾グルメを食べ尽くすルートをぎゅっと凝縮したガイド本まで手掛けてしまったエディターの門司紀子です。今年は1月に1度しか台北に行けていませんが……「台湾カステラ」は現地でも毎回必ず食べる、大好きなスイーツ。

台北で必ず食べに行くのは雙連エリアの人気店

台北では士林夜市のお店も有名ですが、台北の比較的中心地・雙連駅から徒歩5分程のところにある写真のお店がアクセス的にも便利。 厚みが10cm近くあり、大きく大胆にカットされたカステラは、“萌え断”具合が半端なく写真映えするだけでなく、驚くほど軽くてしっとりふわっふわ。 日本の重い質感のカステラとは異なり、シフォンケーキに近いイメージ。とにかくふんわり軽くて、ずっと食べ続けてしまいそうなほどの危険な美味しさ!

台湾カステラ、ひとまず作ってみた。でも既存レシピにはいろいろハードルも…

Stay Homeな日々で久々にお菓子作りに開眼していたところ、この「台湾カステラ」が自宅でも作れるのではないか!?と思い、レシピを調べてみました。 検索してみるとレシピはいろいろ出てきて、その中のよさげなレシピで1回トライしてみたのですが……ひとまず作ってみた感想は以下の通り。 ・卵を5~6個使い、大きめの角型やバットで作るレシピが多く、わりと大量にできてしまう。甘いもの好きな家族がたくさんいればぺろりと食べられてしまうのだけれど、家族が少ないと……。軽いし美味しいからつい食べ続けてしまうけれど、ちょっぴり罪悪感を感じてしまったり。 ・卵白5~6個を手で泡立てるのは腱鞘炎になりそう。ハンドミキサーがないと大変。 ・生地を作るときの温度指定がまぁまぁ細かくて、温度計がないと難しそう。 ・レシピ通りに作っても中が生焼けだったりすることも。 ・焼き縮みが激しくて、冷めるとすっかり小さく……切なくなってしまったり。

【関連記事】

最終更新:
kufura