Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テュラム2発のボルシアMGが4発快勝! CL圏をキープ《ブンデスリーガ》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ボルシアMGは5月31日、ブンデスリーガ第29節でウニオン・ベルリンとホームで対戦し、4-1で快勝した。 【動画】ニース時代のプレアがリヨン相手に見せた2ゴール 前節ブレーメンに引き分けてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に返り咲いたボルシアMG(勝ち点53)が、13位ウニオン・ベルリン(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。 テュラムとプレアの2トップで臨んだボルシアMGが立ち上がりから押し込むと13分、ハーフライン付近からのノイハウスの意表を突いたロングシュートでゴールに迫る。 そして17分、ドリブルでボックス左まで侵入したノイハウスがDFに対応されながらも左足でシュートを放つと、左ポスト内側に直撃してゴールに吸い込まれた。 先制したボルシアMGがその後も攻め込む時間が続く中、41分に加点する。ボックス手前左からのプレアのフィードをファーサイドのテュラムがヘッド。ゴール右に決まり、ボルシアMGがリードを広げた。 迎えた後半、開始5分に1点を返される。FKの流れからアンデションにヘディングで決められた。 失点後、ヘアマンやベンセバイニがゴールに迫ったボルシアMGは、59分に3点目。敵陣でボールを奪った流れから右サイドのプレアのクロスをファーサイドのテュラムが合わせた。ドッペルパックのテュラムは、今季初挑戦のブンデスで10ゴール目となった。 再びリードを2点に広げたボルシアMGは、81分に勝負を決定付ける。ベンセバイニの左クロスからプレアが左足ボレーで決めた。 このまま4-1で快勝したボルシアMGは暫定3位に浮上し、CL出場圏内をキープしている。

超WORLDサッカー!

【関連記事】