Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クルマの消毒法は? 日産が米で発表したコロナ消毒法に注目

配信

carview!

コロナ禍は徐々に収束に向かっているとはいえ、まだまだ油断は禁物。そこで今回はクルマの消毒方法に注目してみた。日産が巨大クルマ社会アメリカで発表した情報をもとにポイントを紹介していこう。 【写真をもっと見る】 まず、どんな消毒液を使うかが重要。この点について、日産ではアメリカ保健福祉省所管のCDC(米疾病対策センター)の発表内容をもとに、アルコール(エタノール)濃度が70%以上の消毒液を使用することを推奨している。成分表を見て、条件をクリアするものを選びたい。 あとはクルマの表面を痛めてしまわないように、漂白剤やベンジン、シンナーなどの使用は避けるように書かれている。消毒を行なう時は、使い捨てのビニール手袋等の着用も忘れずに。 次に消毒する場所について。これは手に触れるところ全般を拭くのが基本とされている。外装ではドアノブに始まり、トランクやハッチのオープナー部分。内装では内側のドアハンドルに始まり、ハンドル、シフトレバーのほか、エンジンスターターがボタン式の場合はボタンを吹き上げよう。ほかにウインカーレバー、ワイパーレバー、バックミラー、センターコンソールの各種スイッチ類、シートベルトのバックル、パーキングブレーキのボタンやレバーなど、手に触れる部分はひと通り消毒するよう推奨している。 あと重要なのがカーナビなどのタッチパネル。ただしタッチパネルはデリケートなので消毒液は使わず、柔らかい布などを石鹸を浸した水につけ、やさしく吹き上げるといいそうだ。 こうして見ていくと、車内には手に触れる部分が多いことを実感する。でも考えてみれば、これらは普段から汚れやすいということでもあるので、マメにきれいにする習慣を身に付けたい。あとはクルマに乗り込む前に、手洗いや手の除菌も忘れないように!

株式会社カービュー

【関連記事】