Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

見知らぬ家に投げた小石、「窓越しの出会い」が僕を変えた あれから39年、プロドラマーになって思うこと

配信

withnews

 「ドンドンタン、ドカドンタン……」。1981年の春、中学1年の平井景が剣道の練習を終えて家路についていた時、ドラムを叩く音が聞こえてきた。 【画像】プロドラマーになった平井景さんがこちら。中学、高校、大学とドラムを叩く姿や、パールのドラムも  音がする家を突き止めて裏の空き地にまわると、雨戸が閉まっていた。  音楽番組「ザ・ベストテン」に映るドラムセットを見ては「かっこええ!」と思っていた。菜箸を持ってお盆やタッパー、椅子を叩きまくっていた。  一度でいいからドラムセットというものを、この目で見てみたい。気づいたら小石を手にとって、雨戸の閉まった窓に向かって投げていた。  「中にいる人が顔を出してくれるはず」。自分の気持ちが最優先で、相手に迷惑かけることなんて頭の隅にもなかった。  音が止まったタイミングを狙って何度も投げた。「カチャーン」という雨戸に当たる音が響いたが、なかなか人は出てこない。

ついに雨戸が開いた

 小石を何個投げたかは覚えていない。しばらくして、ついに雨戸が開いた。出てきたのは大学生のお兄さんだった。  すかさず「ドラム叩いてるところを見てみたいんですが」と声をかけた。怒られることはまったく考えていなかった。  お兄さんは「ええよ。そしたら表から入って来て」と言ってくれた。  体操座りをしながら演奏する様子を見ていたら、「叩いてみる?」と声をかけられた。  最初は「えっ、そんなん結構です」と断った。でも本当は叩きたかった。「そうですか……それじゃ」と、座らせてもらった。

初めて叩いてみて

 初めて握る本物のスティック。菜箸に慣れていた僕にとっては、随分太くて重く感じた。  憧れていた「パカパカ踏むシンバル」に足を乗せ、「ドンドンタン、ドカドンタン」と叩いてみた。菜箸で練習していたためか、いきなりリズムらしきものが叩けた。  お兄さんは「結構、叩けるやん」と言ってくれて、「それ使わないやつだから」とスティックを僕にくれた。  その後も何度か訪ねたが留守だった。そのたびに彼のお母さんが「ドラム叩くだけだったら、ええよ」と部屋に上げてくれた。  そんなことが2~3回続いた後、次第に剣道部が忙しくなり、ドラムを叩きに通うことはなくなった。

【関連記事】