Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「噂するのも村八分にするのもウイルスじゃない」“感染者ゼロ”新潟・見附市民の気持ちを代弁する漫画に共感

配信

FNNプライムオンライン

見附市Facebookに掲載された漫画が話題

22日、大阪府や愛知県、埼玉県などで新規感染者の最多を更新するなど、再び、全国で感染が拡大しつつある新型コロナウイルス。 【画像】「安心して感染したい」漫画を全て読む 一方で、“感染者ゼロ”を維持し続けている自治体にも葛藤がある。以前編集部でも、全国で唯一ゼロの県、岩手県におけるプレッシャーを紹介した。 そして今、“感染者ゼロ”を維持し続けている市区町村の一つである、人口約4万人の「新潟県見附市」の公式Facebookに掲載された漫画「安心して感染したい」に注目が集まっている。   漫画を描いたのは、見附市公式レポーターの村上徹さん。 見附市公式レポーターとは、見附市が起用した市民レポーターのことで、村上さんもその1人。自ら収集した見附市に関する情報を、漫画というかたちで定期的に投稿しているという。

「安心して感染したい」

話題になっている漫画「安心して感染したい」には、まず、市民と思われる4人の“声”が描かれている。 「狭い町で噂になるから 一人目の感染者にだけは絶対になりたくないわ~」 「感染したって分かったら この町ん中ですぐに村八分にされんぞ~」 「感染なんかしたら『あの人!』って、後ろ指さされちゃう もう町中どこでも」 「周りから陰口叩かれて この町に住めなくなる」 そのうえで、作者の感想が綴られている。 「誰もが感染する可能性がある中で、こんな声を聞くと、噂するのも 村八分にするのも 後ろ指さすのも 陰口を叩くのもウイルスじゃない。この、『ひと』なんだよなぁ と思う。見附人として互いを思い合う温かい『ひと』でありたいと願う」 さらに村上さんは、漫画にコメントする形で「明日、自分が感染していないと自信を持って言える人は一人もいないからこそ互いを想い合う空気をまずは自分から創って行きたいと思います」などと綴っている。 この漫画に対し、「よく言ってくれた」「ずっと言いたかった」などと、代弁者として評価する声が寄せられているのだという。 コロナ禍での本当の気持ちを代弁してくれたとして評価する声があがっている、この漫画。どのような思いがあって描いたのか? 漫画の作者で見附市公式レポーターの村上徹さんに話を聞いた。

【関連記事】