Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ボクシングコラム】~Fanfare~我が入場曲 Vol.4 日本ウェルター級チャンピオン 小原佳太[三迫]

配信

ベースボール・マガジン社WEB

 会場のボルテージが一気に最高潮に達するのが「選手入場」。彼ら彼女らは、その日のために用意したお気に入りのコスチュームに身を包み、ぽっかりと光に照らし出された決闘場へと、一歩また一歩とゆっくり進んでいく。 「闘争心をかきたてるため」という者もいれば、「逃げ出したくなる気持ちを抑えるため」という者もきっといるだろう。  1対1の戦いの場に向かう背中を後押ししてくれる──。選手たちは、それぞれの感性をフル稼働して、ふさわしい入場曲を選んでいる。  曲調も多彩、歌詞のある曲であれば、その歌詞に込められたメッセージも。選手のセンスがあふれ、戦士たちの心情をなおいっそう理解する上では、入場曲はわれわれ第三者にとっても欠かせないアイテムだ。   入場曲に込められた想いを選手自身に語ってもらう。第4回は、ふたたび日本タイトルを獲得し、困難極める階級での世界戦線浮上を期す小原佳太(33歳=三迫)の登場だ。 文_船橋真二郎 写真_菊田義久

『ありがとう』yaszen 《ありがとう ありがとう 何度言えば 伝わるのかな》 《幸せが生んだ言葉 最上級のありがとう》  シンプルなフレーズから始まる軽やかな前奏に引き込まれる。 「今から戦いに行くぞ、みたいな感じじゃないところが、自分らしくていいなと思って」  11月で34歳になる国内中量級きっての実力者は、いたずらっぽく笑った。

 入場曲に選んだのは、日本ランカー時代。この試合から、とは正確には思い出せない。岩手の強豪校・黒沢尻工業高校時代はインターハイ・ベスト4、東洋大学では2度の国体優勝の実績があり、2010年8月にB級(6回戦)でデビュー。スーパーライト級で日本、東洋太平洋王者となり、2016年には世界にも挑戦した。28戦(23勝21KO4敗1分)のキャリアのほとんどを『ありがとう』とともにリングに上がってきた。  アーティストのyaszenは、東洋大学の先輩。相撲部OBの高村泰弘さん、そして、ボクシング部OBの長谷川禅さん(元・高校選抜ウェルター王者)によるアコースティックデュオで現WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)の2学年上、小原の3学年上にあたる。ただ、その縁が決め手ではないという。  ボクサーの入場曲とは「ボクシングと同じで自己表現」と考える小原にとって、「自分がどんなボクサーか、どういう人間か、表れている」のが、ごく自然なこと。23勝21KOの高いKO勝率を誇るが、根底にあるのは「考えるボクシング」。スタイルは正統派ながら、対戦相手の「裏をかく」、「タイミングをずらす」、攻防のなかに「意外性」を織り込むことを意識している。  この選曲も「変化球(笑)」。といって、あえて奇をてらったというわけでもない。小原自身がストレートに「いい曲だな」と感じ、フィーリングが合った。 「(入場曲としても)キャッチーな曲だなと思ったので。ゴリゴリのロックとか、ヒップホップより、こういうポップなほうが僕らしいのかな、と」  小原の話を聞いていて、思い出したのがデビュー当時。試合用のトランクスに大きく《楽》の一字をあしらっていた。見ようによっては禅問答のようにも思われ、意味ありげに感じられる。実際のところは、デザイナーから「ワンポイントになるフレーズを何か入れたい」と言われ、ふと思い浮かんだものだった。  特に意味づけすることもなく、いわば“直感”だった《楽》は、プロとして試合を重ねるごとにぴたりとハマっていく。リングで観客を「楽しませる」こと、自分自身が「楽しむ」こと。《楽》の心持ちが、小原の「考えるボクシング」を伸びやかにした。  そんな瞬間は『ありがとう』にもあった。2013年4月に迎えた日本スーパーライト級王座決定戦。プロ初のタイトルが懸かったリングに向かう小原を大声援が包んだ。 「それまでで一番だったんですよ。会場に入った瞬間、ものすごい歓声で。ボクシングはひとりの力ではできないって、感謝の気持ちになって。これを伝えるには一番の曲だなと思ったし、これからも使い続けていこうと思いました」  2016年9月にロシア・モスクワで世界挑戦が決まったときは、凱旋防衛戦のリングで「2人に生で歌ってもらいたい」とイメージしていた。結果は当時24戦全勝21KO、14連続KO中だった地元の王者に2回TKOの完敗。再び上を目指す闘いが始まった。この間にyaszenは解散し、願いを果たすことはできなかったが、感謝を表したいと変わらず『ありがとう』をバックにリングへの花道を進んできた。

【関連記事】