Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

繊維加工・物流など22社連携のNAPS 異業種の繊維製品「DtoC」支援 生産・物流基盤生かす 営業力にグループの強み

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中部経済新聞

 繊維、物流など22社が連携して繊維製品の加工や物流業務を受注するグループ・NAPS(岐阜市六条江東3の1の7・ファンズユニット内、中原健会長、電話058・275・8985)は、異業種による繊維製品のネット直販(DtoC)参入の支援を強化している。もともと小ロット・短納期に対応可能な加工・物流システムが強みだが、コールセンターなど周辺領域を増強し、生産から販売まで一貫での対応力を高めている。

【関連記事】