Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

約1.2kg!『幸丼』(品川)で「幸丼バラ どかメガ特盛」を食べてきた

配信

食楽web

 品川駅の港南口を出てすぐ、港南2丁目エリアは、ビジネスマンがランチや仕事後の一杯を楽しむ、飲食店密集エリア。ランチの人気店にドスッとお腹いっぱいになれる店があると聞き、向かったのは『幸丼(コウドン)東京品川』。旨みたっぷりの豚丼が味わえると評判のお店です。

 店に着き、券売機を見ると、「幸丼バラ丼」(790円)、「豚玉丼」(790円)、「黒丼焼豚カレー」(790円)などのボタンが並ぶ中、「どかメガ盛り幸丼バラ」(1250円)の文字が。これがお店一番の大盛りメニュー? 「いえいえ、どかメガ盛り幸丼バラも十分ボリュームがありますが、さらにその上のメニューがありますよ」と社長の酒井さん。「『幸丼バラ どかメガ特盛』(1530円)が一番ボリュームのあるメニューです。これは、『どかメガ盛り幸丼バラ』に、『丼特盛券』をプラスしたら注文できるんですよ」。とのことなので、「どかメガ盛り幸丼バラ」と「丼特盛券」を購入し、注文!  公称では、ゴハン730g、肉11枚前後。ゴハン1合がおよそ340~350gだから、2合以上。それは食べがいがありそう!

 待つこと数分、豚バラチャーシューがこれでもかと山盛りになった丼が目の前に。計測すると、丼の直径が22cm、高さは約12.5cm。重さは1166g(器の重さを除く)。これに味噌汁がつくので、完食でおよそ1.2~1.3kgと思われます。  早速一口! 旨みがドスッとやってくるチャーシュー。これはゴハンが進む美味しさ! 柔らかくて厚みもしっかりあるので、食べ応え充分。1枚でゴハン3~4口いける感じ。となると、見た感じゴハンが足りなくなるバランス? 後味は思っていた以上にさっぱり、くどくない。なので2枚目にも即、手が伸びます。 「チャーシューは独自の製法で、野菜や魚、鶏ガラなどの出汁で煮たのち、秘伝のタレで味付けしています。同じものをラーメンのメニューでも出しているんですよ」と酒井社長。なるほど。野菜や魚、鶏ガラなどで煮ているから、複雑な旨みを感じるんですね。

【関連記事】