Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後輩とどう接すればいい?「先輩力の高い人」のポイント4つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

先輩力の高い人ってどんな人?

どんな会社でもある程度働いていれば、いつしか後輩ができて先輩になるものですよね。先輩風を吹かすわけではないにしても、後輩から慕われたらそれだけでヤル気が出てくるもの。先輩力を高めるには、どんな点に留意していればいいのでしょう!? 話し合いの最後には笑顔で別れるといい?彼氏とケンカしたときの仲直り方法 そこで今回は、「先輩力の高い人ってどんな人なのか」をご紹介いたします。

■後輩に適切な期待をかける

あなたが後輩の面倒を見るとき、最も心がけてほしいことがあります。それはたとえ才能や能力がなかったとしても、それを理由に怒ったり批判をしないということです。人は指摘をされると、その通りになっていくという心理傾向を持っています。これを心理学ではピグマリオン効果と言います。 あなたが後輩を叱ってばかりだとその通りの人物になり、ほめて期待をかけるとそれに応えようと魅力的な人物になってしまうのです。だからこそ、後輩に適切な期待をかけられるかどうかが、先輩力の高さと結びつくと言えるのです。

■後輩と一緒にランチをできる仲になる

もしもあなたが後輩に慕われるうえで一番簡単な方法があるとすれば、一緒にランチをとることが挙げられるでしょう。飲食を共にするというアクションには、素晴らしい心理効果があるのです。 誰かと食事をしている時、人の脳内では愛情に関わるホルモンのオキシトシンが分泌されています。このような食事の効果を利用して、親近感をぐっと高めることをランチョン・テクニックと呼びます。おいしい食事であればさらに気分がよくなり、後輩はあなたのことを好意的に見てくれるように。自然と先輩力のある人だと慕われるはず。

■具体的な解決策を示す

先輩力はメタ認知能力とかなり密接だと言えます。このメタ認知とは、客観的な視点を持ちながら認知する行為、つまり俯瞰(ふかん)してアクションを起こせるかを意味します。この能力が高い人ほど、仕事や人間関係の能力が高いとされます。尊敬される上司のほとんどは、冷静に自分を分析し問題解決できるため後輩から尊敬されるということですね。 例えば、遅刻ばかりの後輩に対しては、「何で時間を守れないの!?」と自分の感情ベースで批判するのではなく、「時計を10分前に合わせておくと遅れなくなるよ」というように、どこを改善すればいいか理解させてあげられると先輩力はグンと上がります。

【関連記事】