Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

USJ、6月19日から地域限定で営業再開 8日からはプレオープン、段階的に来場者拡大

配信

ITmedia ビジネスオンライン

 ユー・エス・ジェイは6月1日、19日から「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の一般営業を再開すると発表した。当面の間は、関西地方在住者を対象とした限定的な営業となる。それに先駆けて、6月8~18日をプレオープン期間とし、来場を受け入れる対象者を徐々に拡大する。また、「大阪コロナ追跡システム」の導入など、感染拡大防止策を実施する。 【6月19日からの一般営業再開の概要】  USJは2月29日から臨時休園していたが、緊急事態宣言や大規模施設への休業要請が解除されたことを受けて営業再開を決めた。  6月8~18日のプレオープンでは、来場を大阪府在住者に絞る。さらに、14日までは来場日に有効な年間パスを持っている人に限定し、事前予約制で営業。15~18日は、年間パスだけでなく、前売りチケットの購入者にも対象を広げる。事前予約は、公式サイトで6月4日から受け付ける。  6月19日の一般営業再開以降は、関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)在住者に対象を広げるが、期日指定された前売りチケットが必要となる。また、それ以外の年間パス保持者も入場できる。チケット販売については、当面の間、パークエントランスのチケットブースでは実施しない。公式Webチケットストアなどで、6月4日から販売する。  入場時には、居住地を証明する身分証明書などが必要となる。  パーク内では、常時マスクの着用が必要となるほか、体温確認の実施、手指消毒の呼びかけなどの感染防止策を実施。また、大阪府が運用を開始した「大阪コロナ追跡システム」を導入。同システムでは、商業施設などがQRコードを活用して利用者にメールアドレスを登録してもらうことで、感染者が確認された際、すぐに注意喚起のメールを送信することができるようになる。

ITmedia ビジネスオンライン

【関連記事】