Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実在の人気司会者と雑誌記者の交流描く、トム・ハンクス主演作が8月公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

トム・ハンクスが主演を務めた「A Beautiful Day in the Neighborhood」が、「幸せへのまわり道」の邦題で8月28日より公開される。 【写真】「幸せへのまわり道」(メディアギャラリー他5件) アメリカの雑誌・エスクァイアに掲載された記事をもとにした本作。雑誌記者のロイド・ボーゲルと人気子供向け番組の司会者フレッド・ロジャースの交流が描かれる。1968年から2001年にかけて放送された番組「Mister Rogers' Neighborhood」で司会者を務めたフレッドをハンクスが演じ、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」でも共演したマシュー・リスがロイドに扮した。 そのほか「アダプテーション」のクリス・クーパーがロイドの父ジェリー役、ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」のスーザン・ケレチ・ワトソンがロイドの妻アンドレア役で出演。「ある女流作家の罪と罰」「ミニー・ゲッツの秘密」のマリエル・ヘラーがメガホンを取った。 「幸せへのまわり道」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、全国のイオンシネマで公開。 (c)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.

【関連記事】