Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイラー・ザ・クリエイター、経営するショップが抗議デモで被害を被るも理解を示す

配信

Billboard JAPAN

 先週末、米カリフォルニア州ロサンゼルスにて実施された、ジョージ・フロイドの殺害に抗議する大規模なデモを受けて、タイラー・ザ・クリエイターが手がけるブランドGOLF WANGの350 N Fairfax Ave.に位置するショップが落書きなどの被害を被った。  自身もアーティスト仲間のジャスパーと抗議運動に参加しているのが目撃されていたタイラーは、被害について「店は無事だ。もし大丈夫じゃなかったとしても、ガラスを修復したり、スプレー・ペイントを落とすことよりも重大なことがある。何が本当に修復を必要としているか理解してくれ。みんな安全でいてくれ、愛を」とコメントしており、抗議運動に理解を示している。  また彼は、同アカウントに1960年代から70年代にかけて黒人解放運動を率いたブラック・パンサー党の重要な思想の一つで、過去にブランドのTシャツにも起用したフレーズ”BLACK FURY”(黒人の怒り)について「BLACK FURY:目を開き、自分自身を教育してくれ(ブラック・パンサー党 1969年)」と投稿している。  ファンからは「これが黒人アーティストが経営する店だとわかってもらえればと思う。どちらにしろ、店は再建できるけれど、失われた命は取り戻すことができない」、「奴らGOLFストアをめちゃめちゃにしてる。でもタイラーは支持してる。(店は)簡単に元に戻せるけど、人命はそうはいかないから」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】