Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「いじめが起こりにくいクラスを作れない」現状も? “コロナ禍で今後いじめ増”教職員の9割が懸念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 夏休みが終わり授業再開となる学校も出てきた中、新型コロナウイルスが子どもたちに深刻な影響を及ぼすことが懸念されている。 【映像】コロナで今後いじめ増?教職員の9割が懸念  その心配とは、コロナ禍において今後いじめが増えること。NPO法人「共育の杜」が行った、教職員およそ1200人が答えたネット調査によると、9割の先生たちが「今後いじめが増える可能性が高い」と考えていることがわかった。  なぜ、コロナ禍においていじめが増えるのか。その原因とされるのが、意外にも先生たちの疲労感の高まりだった。

 「本来であれば、先生方は子どもたちがいじめなどの行動などにはしらないようにゆっくり話をして、気持ちを解きほぐすということをしたい。しかし残念ながら、授業が遅れてしまったことでそちらに力を入れざるを得なくなる。一方的な授業になると子どもたちにとってもストレスになるので、そのはざまで先生方も非常に苦しんでいるのが現状ではないか」(教育の杜・藤川伸治理事長)  調査結果では、コロナ禍により「消毒作業」や「マスク着用、ソーシャルディスタンスの指導」などで先生たちの業務量は増えており、東京や大阪など7都府県の教職員812人のうち、文部科学省が定めた残業の上限月45時間を超えた人は490人と6割にのぼった。また「疲労感やストレスを感じると子どもの話をしっかり聞けなくなる」という質問に対し、「とてもそう思う」「まぁまぁそう思う」と考える人の割合は33%となっている。  「子どもたちの話を聞きたいと思っても、先生たちもとても聞けるような時間的余裕、精神的余裕がないのが現実」(同)

 また、コロナ禍で教職員だけではなく、子どもたちにもストレスが高まっているという。  「自分が感染症にかかるのではないかという不安が1つ。2つ目に、この暑い中マスクして登校する、それがもたらす肉体的な疲れ・心の疲れは本当に深刻だと思っている」(同)  調査結果を受けて、共育の杜は文科省に緊急提言を手渡した。はたして「いじめ」を増やさないためにはいま何が必要なのか。  「社会全体が子どもたちをこれ以上追い込まないこと。例えば、学習の遅れを早く取り戻そうとか、自宅でオンライン事業をしっかりとやらせようとか、一つひとつが今の子どもたちの心に大きなストレスをかけているので、まずはほっとできる時間をご家庭でも学校でも作ってあげることが先決」(同)

【関連記事】