Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』はオトナ女子も虜に! 主人公・炭治郎に癒される人続出の理由

配信

Suits-woman.jp

こんにちは、テレビウォッチャーで、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。 今回は、とにかく話題の『鬼滅の刃』をご紹介します。

子どもから大人までが夢中になる“鬼滅”の個性豊かなキャラと物語

吾峠呼世晴さんによる漫画『鬼滅の刃』は、「週間少年ジャンプ」(集英社)で2016年2月発売の11号から、2020年5月発売の24号まで連載され、コミックスのシリーズ累計発行部数(電子版を含む)が現在、なんと6000万部を突破している大人気作。 地上波でのアニメ放送(TOKYO MXほか)は2019年4月から9月で終了していますが、いまはAmazonプライム・ビデオなどで全26話が配信されています。 炭を売る主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、人喰い鬼に家族を殺され、生活が一変。炭治郎は、唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため鬼と戦う、大正時代を舞台にした物語です。 『鬼滅の刃』は、アニメ化で人気爆発、2.5次元舞台も上演され、関連商品も大ヒット。LiSAさんが歌うアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」も絶好調で、昨年末の『第70回NHK紅白歌合戦』に出演後のいまもロングヒット中と、もはや社会現象と言っても過言ではありません。筆者は同作が「週刊少年ジャンプ」で人気絶頂のまま最終回を迎えると知り、「最後を見届けよう」と、生まれて初めて少年漫画誌を購入しましたし、コミックスもアニメももちろん全作観ています。 そうなんです、“鬼滅”は子どもだけではなく大人まで、そして男女ともにハマる人が続々!その理由のひとつとしてまず、奥深いキャラクターに惹き込まれてしまうからだといえます。 主人公の炭治郎は、とにかくピュア。清く、正しく、まっすぐで、自分のことよりも相手のことを第一に考える心優しき人。頭の回転もはやく、そして勇気もあります。竈門家は6人兄弟と大家族ながら、炭治郎は寒い日も家族のために山を降り、町へ炭を売りに出かける働き者。また、鬼になった妹・禰豆子を守り、鬼を討つために、絶望的な現実に打ちのめされてボロボロになりながらも、何度も立ち上がっていく心の強さに感動してしまいます。 抜群に性格が良くて、働き者で、家族想い……婚活中のオトナ女子なら、「現代にこんな人いたらめちゃくちゃ貴重! 結婚したい!!」と思うほど、炭治郎に心を射抜かれること間違いなし。さらに子どもを持つ親なら、「炭治郎のような人物に育ってほしい!」と目を輝かせてしまうニューヒーローなんです。いや、そもそも現実にこんなに心の綺麗な人がいたら、雑多な世の中に影響されないか心配ですが、なぜか「炭治郎なら大丈夫でしょ」と思える圧倒的なキャラクターのパワー。 また、鬼化したものの兄・炭治郎とともに戦う禰豆子をはじめ、普段は臆病なのに極限状態で眠りに落ちると強くなる我妻善逸(あがつまぜんいつ)、猪の頭を被っているが実は美少年の嘴平伊之助(はしびらいのすけ)といった“鬼殺隊”の仲間も超個性的! ほかにも“柱(はしら)”と呼ばれる冨岡義勇(とみおかぎゆう)ら最強の剣士たちや、炭治郎の仇敵で1000年以上前に一番初めに鬼になった鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)ら、それぞれが実に奥深く魅力的なキャラばかりが登場します。 そして、炭治郎との交流から生まれる、それぞれの登場人物たちの心の変化や背負っている過去が丁寧に描かれているのも“鬼滅”の良さ。作品全体としては、家族との絆、友情、底知れない努力の末の勝利といった王道ストーリーといえるものの、壮絶な鬼との戦いでのハードな場面と、仲間たちとのほっこりとした場面との、光と影のコントラストが絶妙に描かれているところも魅力です。 登場人物のかっこよさに子どもたちが夢中になるだけでなく、オトナ女子さえも虜にしてこれだけ多くの人々に支持されるのは、なんといっても炭治郎が、何よりも「家族の絆」を大事にしているからだといえるでしょう。

【関連記事】