Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク着用でも“歌声がこもらない”カラオケが登場…どんな仕組みか聞いた

配信

FNNプライムオンライン

暑い、息苦しい、ゴムひもが痛い…。 今や「マスク」は新型コロナウイルスの感染予防に欠かせない存在だが、煩わしさを感じている人も多いことだろう。 【画像】カラオケ端末での使用イメージを見る 特にカラオケファンにとっては「声がこもる」という大きなデメリットがあったが、この不満を解消する新機能が登場した。   その名は「マスクエフェクト」。 7月7日からカラオケ「JOYSOUND」の最新機種に搭載されたこの機能は、マスクをしたままでも自分の歌声がクリアに聞こえるため、より気持ちよく歌唱することが可能だというのだ。 (※対象機種:JOYSOUND MAX GO、JOYSOUND MAX2、JOYSOUND MAXに対応したJOYPadキョクナビ(JR-P2000)のみで利用可)   東京都の場合、カラオケ店は6月12日に東京アラートの解除とともに休業要請が緩和されていた。 しかし6月26日に公開された「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドブック」の“カラオケ編”には入場者にマスク着用の徹底を周知するようにと記載。さらに“キャバレー・スナック等接待行為を伴う飲食店編”では、カラオケについてマスク着用で歌うことを要請するとされている。   しかし、やはりカラオケをするのであれば、マスクをしていてもこもらない声で気持ちよく歌いたいはず。“withコロナ”の時代に登場した「マスクエフェクト」は、実際に歌声がどう変化するのか? JOYSOUNDを運営する株式会社エクシングは、マスクをした社員が同じ曲を「マスクエフェクト」のONとOFFで歌った比較動画を公開している。 「マスクエフェクト」をONにすると、マイク音質の設定が「硬い」に、音圧が「大きい」に変更されるという。マスクをしての歌声に不満を感じていたカラオケファンは、音の違いを自身の耳で確かめて頂きたい。   なお「マスクエフェクト」の使い方はとても簡単。 JOYPadキョクナビの画面に大きく表示されている「マスクエフェクト」を押し、次の画面で「はじめる」ボタンを押すだけでマスクに適した音質に設定されるとのことだ。   たしかに動画では、歌声がはっきり聞こえているようにも感じるが、その秘密は何なのか?  JOYSOUNDを運営するエクシングの担当者に聞いてみた。  

【関連記事】