Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シックスパックになりたいあなたに伝えたい。お腹まわり「6つの基礎知識」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

シックスパックになるためのトレーニングに取りかかる前に、お腹まわりのその疑問、サクッと腹落ちしておこう。[取材協力/石井直方(東京大学大学院総合文化研究科)]

1. そもそもなぜ、お腹に脂肪が溜まる?

A. 溜めやすい場所に溜め込む生物としての戦略です。 なぜみんな腹を割りたがるのかといえば、久しく割れた腹を見ていないから。 余ったエネルギーは体脂肪として即、溜める。これは長年、飢餓生活を強いられてきた生物の戦略だ。貯蔵部位は体幹部、それも最も体積を稼げるお腹。なので、飽食&運動不足でだらだら過ごしていれば、シックスパックは脂肪の奥深くに封じ込まれたまま。 上半身の重心はみぞおちのやや上にあり、下半身の重心は脚の付け根にある。2つの点を結んだ中間にあるのが全身の重心。ちょうど下っ腹。よって脂肪が溜まりやすい。 そもそも、生物のカラダにはよく動かす部位に脂肪が蓄えられにくいという仕組みがある。もし、前腕やふくらはぎに脂肪がたっぷり蓄えられていたら、何か動作をするときかなり邪魔だし重心バランスもとりにくい。 それに比べて、カラダの中心で重心の在り処である体幹なら、それなりに脂肪が蓄えられてもさして動作に支障はない。重心はどっしり、細かい動きは末端が行えばいい。 つまり、この生物としての戦略にまんまと乗っかっているうちは、腹は割れないということ。

2. 痩せたら誰でもシックスパックになる?

A. ガリ体型になるだけで割れない人もいます。 構造上、腹筋が節状になっているなら話は簡単。痩せれば深層のシックスパックが炙り出されてくるはず。フッキンやるのは面倒なので、ひたすらダイエットに励んでみた。ところが、痩せたはいいけれどお腹はほぼのっぺらぼう。うっすら腱画の溝が見えるか見えないかというレベル──。 痩せさえすれば誰でもパキッと腹が割れるわけではない。もともと筋肉がつきにくい人はなおさら。腹筋を肥大させてはじめて、堂々のシックスパックといえるのだ。

3. 人によってシックスパック、フォーパックってマジ?

A. 4つに見えても実は6つです。 ヤッター、腹が割れた! おや? でもなんか変。ヘソから下の腹筋下部の節を合わせてようやくシックスパック? ってことは自分の腹筋、フォーパック? 確かにそういう人もいる。でもこれ、遺伝的な変異で体節の数が異なるというわけではない。 人によって筋節の見え方が違う 板チョコのように6つの節が均等に分かれている人の方が稀。上または下の筋節が小さく追いつめられていてフォーパックにしか見えない、左右の節の位置がずれていることもザラ。 カラダの中心を縦に走る白線と、横に走る2つの腱画によって区切られた節の数はみな6個。 でも、上または下の2つの節が小さすぎて4個にしか見えない。そんな可能性もあるのだ。人によっては左右の腹筋の位置がズレていることも。この位置関係こそが遺伝によるもの。

【関連記事】