Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬鳴村の次は富士の樹海!「実録!恐怖の村」シリーズ第2弾『樹海村』山田杏奈と山口まゆW主演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 今年2月に公開され興行収入14億円超え、観客動員数110万人突破のスマッシュヒットを記録した映画『犬鳴村』に続く「恐怖の村」第2弾の舞台が、富士の樹海に決定した。タイトルは『樹海村(じゅかいむら)』で、山田杏奈と山口まゆがダブル主演を務める。 【写真】W主演の山田杏&山口まゆ  企画プロデュースに紀伊宗之、監督に『呪怨』シリーズの清水崇と、『犬鳴村』のタッグが続投する本作。舞台となる富士の樹海は、約1,100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆う、東京ドーム約642個分にもおよぶ広大な森。そんな樹海には、「コンパスが効かない迷いの森」「入ると何者かに襲われる」とさまざま都市伝説が飛び交う。

 世界でも最も危ない名所の一つとして知られる樹海が舞台、世界的ホラーの巨匠・清水監督の最新作ということもあり、海外進出を見据えて日本版ビジュアルに先駆け、海外版ビジュアル第1弾が公開された。洋題は『SUICIDE FOREST VILLAGE』。

 本作の撮影は、新型コロナウイルス感染対策を行い、7月11日にクランクインとなる。新型コロナウイルス対策の1つとして、本作の製作に携わる可能性のあるスタッフ全員が抗体検査を実施。毎日の検温と行動チェック、スタイリスト・メイクのマスクとフェイスガード着用など徹底。撮影中は1日2回の検温や、衣装・小道具・器材などすべての消毒、セットへ立ち入る人数の制限など可能な限り感染対策を実施し、撮影が行われるという。

 主演の一人で『ミスミソウ』(2018)などで知られる山田は、「こういう話(ホラー映)をやらせていただくのは初めてなので少し緊張していますが、良い意味でいつもどおりできたらなと思ってます」と意気込む。一方の山口は、清水監督作に2 回目の参加で「再び清水監督の作品に参加させていただけること、本当に嬉しく思っています。精一杯努められるよう頑張ります」とコメントしている。

 清水監督、紀伊宗之・高橋大典プロデューサー、さらには犬鳴村の村民からもコメントも。村民代表の男性は、「次の舞台が、あの樹海と聞いてゾッとしています。なぜなら村民旅行で出掛けた際に行方不明になったものが何人かいて、捜索願いを出していたので……。帰ってこれた村民はちゃんと抗体検査を受けてますので、いつでも出演可能です!」と映画出演を希望している。(編集部・梅山富美子)

【関連記事】