Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ、7月10日から観客動員へ…村井チェアマン「政府見解を踏まえて…」

配信

スポーツ報知

 Jリーグと日本野球機構が合同で行う「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第10回が22日に行われ、会議後、Jリーグの村井満チェアマンらがオンラインでの取材に応じた。  政府のイベント開催方針を踏まえ、リーグ戦は7月10日から観客を入れての開催が予定されている。専門家チームの一人は、今後の感染状況の推移を考慮した上で「日本では感染が急激に広がっている状態ではない。新たな応援スタイルを確立し、感染予防対策を守りながら観客に入ってもらう」と、改めて10日からの観客入場の方針を口にした。村井チェアマンも「Jリーグも政府見解、専門家の助言も踏まえて準備して臨みたい」と話した。  また、再開にあたり、サッカーなど選手同士の接触が多いスポーツの「濃厚接触」の定義についても引き続き、議論が行われている。現状の一般の定義では、感染者と1メートル以内で、マスクなど予防するものを付けずに、15分以上接することとされている。村井チェアマンはこれについて、「オンザピッチの濃厚接触の判断は難しい。アスリートの場合、一般生活と異なるため、難易度が高い。例えば、中継映像を解析していく中で、飲水ボトルを(感染者と)他の方でシェアしていたか、というデータが検出できれば。接触が粘膜接触にあたることはあったかどうか。練習でもそのよう(一般の定義にあたる状況)にあたらないようにトレーニングしている」とコメントした。

報知新聞社

【関連記事】