Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

23歳の私が10万円を出してHPVワクチンをうったわけ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を予防するHPVワクチン。 日本では2013年4月から小学校6年生から高校1年生の女子が無料で受けられる「定期接種」となっている。 ところが接種後に体調不良を訴える声が相次ぎ、それをメディアがセンセーショナルに報道したこともあり、対象者に個別にお知らせを送る「積極的勧奨」を国が差し控えて、7年以上、実質中止状態だ。 そんな中、当時、HPVワクチンを公費でうてなかった医療従事者のかほさん(仮名、23)が今年に入って自費でHPVワクチンを受けた。9種類のHPVへの感染を防げる9価ワクチンで、3回で約10万円がかかった。 「辛い出費ですが、命の問題なので高くありません。できれば公費で受けたかった」 BuzzFeed Japan Medicalはかほさんに取材した。 【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

Twitterを見て「自分はうっていないな」と不安に

現在、23歳。定期接種には間に合わなかった世代だが、大学進学まで住んでいた自治体で2011年1月に公費助成が始まった時に中学生だった。 自分がHPVワクチンをうったかどうかなんて気にしたこともなく生きてきた。 それが、昨年秋、Twitterで「高校1年生は最後のチャンス」というつぶやきが流れてきたことで急に気になってきた。 HPVワクチンは免疫をしっかりつけるために、通常3回うち、1回目と3回目の間は6ヶ月空けなければならない。公費でうてる3月までに3回とも接種するために早く1回目をうつよう医療者たちが呼びかけていた。 「そもそも私うったかなと嫌な予感がして、母に電話して聞いたら『だって危ないからうたせなかったよ』と言われたのです」 「そういえば私が中学生の時に希望制(任意接種)のワクチンがあったなと思い出しました。それから色々検索するようになって、BuzzFeedの記事も読みました」 調べているうちに、学生時代にHPVワクチンのテレビ報道を見た記憶が蘇ってきた。 「女の子がうって歩けなくなったなどとニュース番組などで連日やっていました。『ああうたなくてよかった。うちの親は正しかったんだな』とホッとしたことを思い出しました」 でも、あれから時が経ち、医学の勉強をして医療従事者になった今は、HPVワクチンの情報が違って見えてきた。

【関連記事】