Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『風と共に去りぬ』メラニー役、オリヴィア・デ・ハヴィランドが104歳で死去

配信

Rolling Stone Japan

映画『風と共に去りぬ』や『蛇の穴』などに出演し、オスカーを2度受賞した女優のオリヴィア・ド・ハヴィランドが104歳で亡くなった。Hollywood Reporterが彼女の広報担当に確認したところによると、デ・ハヴィランドは7月26日に自然死のため、過去60年間住んでいたフランスのパリで亡くなったという。 【動画】『風と共に去りぬ』出演シーンを振り返る ハリウッド黄金時代を知る最後のスターの一人であるデ・ハヴィランドは、1946年の『遥かなる我が子』と1949年の『女相続人』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。彼女の最も有名な出演作である1939年の『風と共に去りぬ』メラニー役で、助演女優賞を含む3つのアカデミー賞にノミネートされている。 「アカデミー賞主演女優賞を2度受賞したオリヴィア・ド・ハヴィランドは、ハリウッド黄金時代の大黒柱であり、計り知れない才能の持ち主だった。私たち映画業界の真のレジェンドに敬意を表す」とアカデミーは日曜日にツイートした。

DANIEL KREPS

【関連記事】