Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大林監督が話した体験、言葉の重さ感じて 映画「海辺の映画館」出演の俳優山崎紘菜さん #8月のメッセージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 俳優の山崎紘菜さん(26)は、大林宣彦監督の遺作となった映画「海辺の映画館 キネマの玉手箱」(公開中)で、広島への原爆投下で犠牲になった移動劇団「桜隊」の隊員を演じた。大林監督の「戦争3部作」にも出演した山崎さんは「役者の言葉には影響力があり、お芝居を通して伝えていかなければいけないことがあります」と語る。山崎さんのメッセージとは。(共同通信=徳永太郎)  ―これまでに戦争や平和について考える機会は。  戦争については小中学校で学んだこともあり、知識はありましたが、初めて体感したのは高校の修学旅行でした。沖縄で壕(ごう)に避難した人の話を聞き、壕に入る体験もしました。戦争はどこか自分と距離があるものだと思っていたが、リアルに感じました。  実際に起きた「ノンフィクション」で、巻き込まれた人がたくさんいます。「自分の家族だったら」「好きな人だったら」と考えるきっかけになりました。自分で見て、触れることが一番学びになると思いました。映画はすごく良い媒体だと思います。自分に置き換え、どう動くかを考えることができるからです。

 ―大林宣彦監督(4月に82歳で死去)が非戦と平和をテーマにした映画「戦争3部作」全てに出演している。遺作となった「海辺の映画館 キネマの玉手箱」で4作目となるが、戦争に対する考え方は変わったか。  大林監督の作品にはメッセージが含まれていて、時代に生きている方を描くことが多いと思います。私もその感情を想像して演じないといけないので、覚悟が要ります。大林監督自身が体験したことを話してくれることもありました。言葉が一つ一つ重いと感じました。  ―今回の作品では、広島への原爆投下で犠牲となった移動劇団「桜隊」の隊員を演じた。  もともと桜隊のことを知らなくて、桜隊を描いた映画や本で学びました。原爆が落ちた日に彼女の人生は終わりました。後から見ると「かわいそう」と思ってしまいますが、その日は彼女の人生の1日にすぎず、一生懸命生きていたことを伝えたいと思って演じました。  ―広島や長崎で原爆にゆかりのあるものを見たことは。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS