Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

使いやすさ重視! iPhone向けToDoリスト・タスク管理アプリ5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

仕事を滞りなく進めていくためには、仕事のスケジュールやタスク管理を漏れなく行うことが大切です。 【全画像をみる】使いやすさ重視! iPhone向けToDoリスト・タスク管理アプリ5選 ありがたいことに、iPhoneには、数多くのタスク管理アプリがあります。そこで今回は、機能が豊富なものからシンプルなものまで、おすすめのタスク管理アプリをまとめてみました! 目次 1. シンプルなUIが特長の「Habitify」 2. Apple製品との親和性が高い「Things 3」 3. ミニマルなタスク管理アプリ「Blink」 4. 細かくタスク管理したい人におすすめの「Suru」 5. 私生活のタスク管理に適した「Pocket Lists」

1. シンプルなUIが特長の「Habitify」

青を基調とした視認性の高いUIを採用しているタスク管理アプリ「Habitify」。 タスクの内容と日時を設定したら、目標達成後にチェックを入れるだけのシンプルな使い勝手。実行したタスクは「連続記録」や「達成率」といった項目で可視化され、継続の手助けをしてくれます。 無料版は「3つのタスク」まで対応。有料版では「タスク」や「リマインダー」の制限がなくなり、「プライバシー設定」や「データのエクスポート」などが可能になります。月額680円、年額2900円のほか、買い切り型4900円も用意しています。 2020年の夏には大型アップデートを実施。新機能として「ヘルスケア連携」「複数チェックイン」「達成目標の設定」「進捗ビューの更新」などが追加されました。 ダウンロード: Habitify

2. Apple製品との親和性が高い「Things 3」

Appleが主催するApple Design Awards 2017を受賞した「Things」。2008年のiOS版リリースから改良が重ねられ、現在は「Things 3」として人気を博しています。 タスク管理アプリの中でも、Apple製品との親和性が高く、ウィジェットやリマインダー、カレンダー、Siri、通知と手軽に連携できます。また、Appleの純正アプリに近い、シンプルなUI/UXを採用している点も見逃せません。 そんなThings 3は、iPhoneやiPad、Macといったデバイスで利用できます。すべて有料でリリースされており、iOS版1200円、iPad版2440円、Mac版6000円の買い切り型です。 今回紹介するタスク管理アプリの中では高額な部類に入るため、価格がネックになるかもしれません。 ダウンロード:Things 3

【関連記事】