Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

利息や金利を気にしていますか?ボーっとしてたら損しているかも!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

「あなたの過払い金を取り戻せるかもしれません」というCMを見たことはありませんか。これは払い過ぎている利息の話です。普段は意識していない利息や金利、ボーっとしていると損をしているかもしれません。

「過払い金」って何?

過払い金請求のCMを見ても、「私には関係ない話」と思われるかもしれません。過払い金請求に関するCMは、いくつかの法律事務所などが行っています。これは請求できる可能性がありながら、払い過ぎている自覚がないまま過ごしている消費者に喚起の意味もあります。 司法書士法人 中央事務所によると、2017年5~12月に当該事務所で契約した人1万417人中6162人に過払い金があり、平均額は約127万円(2018年7月2日時点)だそうです。 どうしてこのような数字になるのか。それには理由があります。2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、出資法の上限金利は20%になりました。これ以前も「利息制限法」により、金利は金額により15~20%と上限が決められていました。 ですが出資法の上限金利は29.2%、なんと二重構造になっていたのです。金融業者にとっては、29.2%を超える金利設定については刑事罰が科されていますので、この数字は保持しなくてはなりませんが、20~29.2%の間で設定することは可能だったのです。刑事罰を受けないこの金利はグレーゾーン金利と呼ばれています。

時効があるっていうけれど

さて、このグレーゾーン金利ですが、貸金業法が改正されましたので現在は存在しません。過去に支払い過ぎていた利息を返還請求するというのが主旨です。 CMでは「時効がありますので、お問合せはお早めに」という説明もしています。過払い金は、最後に借入・返済した日から10年(または権利が行使できることを知ってからから5年)が経過すると時効で消滅してしまいます。借入の期日や金額などの詳細が不明な場合も多いので、ここはCMに従って、法律事務所に相談するのが良いと思います。 アディーレ法律事務所によると、貸金業者との取引年数が長いほど、過払い金の発生割合も金額も多いというデータがあります。10年以上では8割を超えるケースで借金をゼロにした上に多額の過払い金を受け取ることができたといいます(※)。

【関連記事】