Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元KalafinaのKEIKO、第2弾配信シングル7月15日リリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

2019年3月に惜しまれつつ解散をした梶浦由記プロデュースの3人組女性ボーカルユニット「Kalafina」のメンバー「KEIKO」。 今年4月にソロシンガーとしての活動開始のニュースも記憶に新しい中、5月にはソロデビュー配信シングル『命の花 / Be Yourself』を発表。 「命の花」では自身初となる作詞へ挑戦、「Be Yourself」ではこれまでの自身のイメージには無かった楽曲へ挑戦するなど「いろんな音楽にトライしていきたい意味も込めて対照的な2曲をスタートの曲に選びました」と語っていたKEIKO。 YouTubeやSNSには「この声を待ち続けた、お帰りなさい」「早くライブで聴きたい」など、KEIKOのシンガーとしての復帰を喜ぶコメントや圧倒的な歌声を絶賛するコメントが溢れかえった。 そんなKEIKOが早くも第2弾となる配信シングル『Ray / 始まりは』を7月15日にリリースすることを自身のホームページで発表した。 「Ray」は、ドラマティックな展開を見せる詞とメロディラインに、表情豊かで存在感のあるKEIKOの歌声が合わさる事で、聴く者のそれまでの記憶や経験に寄り添うような楽曲。 「始まりは」は、ヒップホップのエッセンスをポップスへ昇華させ、声の柔らかさ・軽やかな音のハメ方が実に気持ち良く、シンプルな音数がKEIKOの確かなヴォーカルスキルを際立たせる1曲。 第2弾となる今作もアプローチの異なる2曲でシンガーとして様々な表情・魅力を感じさせる良質な作品になっているとのこと。 現在、1stアルバム発売に向けて続々楽曲を制作中のKEIKOだが、その歌声をライブで生で聴ける日が待ち遠しい。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】