Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミスター味っ子が3位、グルメ系アニメ「実際に料理を食べてみたいキャラ」ランキング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ふたまん+

 料理アニメ『食戟のソーマ 豪ノ皿』が9月25日に最終回を迎えたが、料理系の漫画やアニメは昔から人気のジャンル。アニメ番組を見ながら、一度くらいは「この人の作った料理を実際に食べてみたい」と思ったことはあるはず。そこで今回は、過去に放送された料理系アニメの主人公の中で「もっとも料理を作ってほしいと思うキャラクター」をリサーチ。30代から40代の男性300名を対象にアンケート調査を実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」協力) 【アンケート結果】まさかの名前も入った「ランキングTOP10」はこちら  まず第3位(8.3%)にランクインしたのは、『ミスター味っ子』の主人公・味吉陽一(声・高山みなみ)だ。同作は寺沢大介氏が『週刊少年マガジン』(講談社)に連載していた人気料理漫画が原作。アニメでは料理を食べた食通が「絶叫しながら目からビームを放つ」リアクションを見せるなど、今川泰宏監督らしいインパクトあふれる大胆な演出で一世を風靡した。  主人公・味吉陽一は、亡き父の残した食堂を母親と一緒に支える中学生。それだけに「カツ丼」や「スパゲティ」「カレー」など、子どもたちになじみ深いメニューを取り上げ、さまざまな工夫をこらして実においしそうな料理を生み出すのが魅力だった。  そんな“ミスター味っ子”こと味吉陽一を選んだ人からは「どんな素材でもおいしく調理してくれそう」(36歳・男性)、「子どもの頃に初めて料理を作ってみたいと思わせてくれた」(37歳・男性)、「いろいろ工夫して料理を作ってくれそう」(46歳・男性)、「あの味皇のリアクションを見たらおいしいに決まってる」(45歳・男性)といったコメントが寄せられている。

■見た目はいかついけどハートは優しい

 第2位(13.3%)には、『クッキングパパ』の荒岩一味(声・玄田哲章)がランクイン。うえやまとち氏が雑誌『モーニング』(講談社)に連載中の料理漫画が原作で、単行本は現在154巻まで刊行。主人公の荒岩一味はプロ級の料理の腕前を持つサラリーマンだ。  荒岩はガッチリとした体格で、見るからに“いかつい”容姿をしているが、妻子をこよなく愛する温厚な人物。料理バトルのような激しい展開はなく、基本的には家族や同僚に荒岩がおいしい手料理をふるまう、ほのぼのとした家庭的なエピソードがメインだった。  ちなみに荒岩の息子・まことと娘のみゆきの声は、“ミスター味っ子”こと味吉陽一役だった高山みなみが一人二役で演じていたのも印象的。  そんな荒岩の料理が食べたいと思った人からは「温かみを感じるから」(30歳・男性)、「家庭料理なので毎日でも食べられそう」(35歳・男性)、「身近な感じでおいしそう」(49歳・男性)、「好みに合わせた家庭的なものを作ってくれるイメージ」(33歳・男性)といった声が多く、荒岩の家庭的で温かみのある料理に魅力を感じている様子。  ほかにも「料理のアレンジがすごい」(39歳・男性)、「豪快でいかにも男メシというような料理から伝統を重んじる繊細な料理まで幅広く作ってくれそう」(43歳・男性)など、レパートリーの広さを指摘する意見もあった。

【関連記事】