Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将棋界のコロナ対策 記録係に棋士 放送では「ソーシャルディスタンス」で大盤前に解説が一人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AbemaTIMES

 感染が拡大する新型コロナウイルスの対策として、将棋界でも様々な対応が取られている。5月7日に行われた羽生善治九段(49)と佐藤和俊七段(41)による竜王戦1組ランキング戦の決勝でも、その様子が見て取れた。 【動画】マスク姿の羽生善治九段  対局室には両対局者、記録係、観戦記者の4人が全員マスク姿で現れたが、大きく異なるのは記録係。通常、プロではない奨励会員が務めているが、この日は現役棋士である本田奎五段(22)が務めている。  また、この対局を生放送しているABEMAでは、解説・聞き手を立てて放送はしているものの、大盤の前には解説の棋士が1人。同じ部屋にはいながら「ソーシャルディスタンス」に沿った放送が行われている。解説の黒沢怜生五段(28)は「少し離れているので寂しい気もしますが、こういうご時世なので一番いい選択なのかなと思います」と語った。

【関連記事】