Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

それぞれの思いを抱えて球児が甲子園で臨んだ「プロ志望高校生合同練習会」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

芽生えた特別な感情

 東日本41人。  西日本77人。  新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年の高校野球は公式戦中止が相次いだ。高校生のため、プロへのアピールする場を設定したのが「プロ志望高校生合同練習会」である。その参加者内訳が冒頭である。9月5、6日に開催予定の東日本の会場は東京ドーム。一方で、8月29日から2日間、西日本会場は甲子園球場である。 NPBスカウトが着目した厳選20選手ピックアップ  今回の合同練習会は8月18日までにプロ志望届を提出した部員が対象だ。最終的な同書類の締め切り期限は、ドラフト会議2週間前(10月12日)。つまり、合同練習会に参加しなくても「ドラフト対象」となることは可能であり、すでにアピールが十分と判断した選手は参加をしなくてもいい。  それにしても、東西で参加者数がアンバランス。日本高野連・小倉好正事務局長は練習初日の8月29日に「感想としては、(西日本は)予定よりも少し多かったかな、と。半々くらいが理想だったが……」と参加者数について言及した。そこで「甲子園開催が影響したのか?」との質問に対しては、言葉を選びながら説明している。 「『もともと甲子園』というのではなくて、ある程度、日程が決まっていた中での予定でございまして、その中で甲子園が空いていた。最初から甲子園ということではなく、NPBさんのほうで調整していただき、決まった。ただ、生徒にとってはあこがれの地でもありますので、結果としては、生徒としては良かったかな……」  あくまでも結果論の数字。とはいえ春、夏の経験者だけでなく、不出場者にとっても、甲子園の土を踏むと特別な感情が芽生えた。  1年夏、2年夏に甲子園の土を踏んでいる近江高・土田龍空内野手は「昨夏の甲子園では悔しい思いをした。もう一度、プレーできる。(1年前を)思い出し出しながらやっていました。素晴らしい球場。やれる喜びをかみしめてやった」としみじみと語り、先日の甲子園交流試合でプレーした大阪桐蔭高・西野力矢内野手にしても「最高の球場で、レベルの高い中で、自分も刺激を受けて良かった」と成果を話した。  また、昨秋の新チーム結成以来、智弁学園高との甲子園交流試合で勝利し、公式戦28連勝で終えた中京大中京高・中山礼都内野手は「同じ場所ですが、試合と練習では違う。(スカウトもいて)独特な雰囲気でした。甲子園でもう1回、やれるということで、楽しく思い切ってやろう! と。緊張よりも、楽しめた」とコメントしている。

【関連記事】