Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大迫傑が『Sugar Elite』で狙うこと。「とにかく背中を見せていきたい」

配信

Number Web

「一緒に練習をさせてもらって、すごく参考になる部分が多かったんです」 「彼の覚悟はやっぱりすごいですよ」 【秘蔵写真】かわいいメガネ姿の大迫に設楽、柏原・今井・神野の「歴代山の神」!箱根ランナーの若き激走。  この2~3年、大迫傑について、何度、そんな言葉を聞いただろう。  同年代や年下の選手がこう言うのであれば分かる。だが、これは箱根駅伝強豪校の監督たちのセリフだ。特にこちらが水をむけたわけでもないのに、自然と大迫に関してそんな言葉が出てくる。  7月15日、大迫は新しいプロジェクトを動かしはじめた。日本人ランナーが世界と戦うために、所属の枠を超えた大学生以下を対象とした強化チーム『Sugar Elite』を発足することを発表したのだ。  第1弾として、基準タイムなどを満たしている全国の大学生以下の中長距離選手を募集。8月17から24日まで、長野県で最大10名の少人数の短期キャンプを開催するという。キャンプへの参加標準タイムは、5000mが13'55"00(高校生と大学1年生に限り14分未満)、1500mが3'48"00、1万mが28'40"00とかなりのハイレベルな設定だ。

一番大切なのは背中を見せること。

 このプロジェクトで何を目指すのか。  オンライン記者会見を開いた大迫は、その狙いを自らの言葉で説明した。 「(自分が)指導をするということももちろんありますけど、それ以上に大切なのが、姿勢を見せる、背中を見せる、ということだと思っています。コロナの影響でオリンピックが延びた今、僕らトップアスリートたちがどういう練習をして、どういう姿勢で競技に取り組んでいくのかを若い選手たちに知ってもらいたい。 『本当にこれだけ練習しているんだ』とか『自分ならもっとこうできる』とか、自分たちの練習の“基準”にしてもらいたいと思っています」

「引退後は指導者」の夢を前倒し?

 引退後は、指導者になりたい――。  数年前から大迫はそんな言葉をたびたび口にしてきた。実際に、その布石として、帰国した際には、忙しいスケジュールの合間を縫って、小学生から高校生まで、それぞれを対象にしたランニングクリニックを自ら企画し、開催してきた。  最初の頃はあくまでも「引退後」のヴィジョンだった。けれども今年の東京マラソン後にはインタビューでこう語っていた。 「今でも世界との差がこんなにあるのに、これ以上差が開いたら、日本人選手のブランド価値を下げることになるのではないかと焦燥感を持っています」

【関連記事】