Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木下優樹菜の引退に指原莉乃が放った「メディアが持ち上げすぎ」発言のヤバさ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。 【写真】不倫中だった?「欲求不満」と叩かれた木下優樹菜のミニスカ、ワンショル水着姿 第43回 木下優樹菜  7月6日、木下優樹菜サンがいきなり引退を発表しました。昨年のタピオカ騒動(実姉がアルバイトをするタピオカ店の店主に恫喝メッセージを送った)がもとで休業していた優樹菜サンですが、7月1日に活動再開を発表しています。  たった数日後の電撃的な引退発表に「いったい何があったんだ」と世間はザワザワしていますが、2020年7月23日号『女性セブン』は《木下優樹菜、引退の裏に妻子ある2人の男性との同時不倫か》と報じています。同誌によると、男性との関係を知った事務所が、もう面倒を見切れないと優樹菜サンに愛想をつかしたと書かれています。  優樹菜サンと言えば、仲良し夫婦、ママタレとして高い人気を誇ってきました。たとえば、明治安田生命が毎年調査している「理想の有名人夫婦ランキング」。2018年の調査では、優樹菜サンとフジモンこと藤本敏史夫妻は総合ランキングにこそ入らないものの、20代から多くの支持を集めていたと発表されていました。  そんな「理想の夫婦」は昨年末に離婚を発表しています。しかし、今は離婚をしたからといって、タレントとしての価値が落ちるという時代でもないでしょう。けれど、ママタレとして支持されてきた優樹菜サンが不倫、しかも相手が複数の男性とはさすがにヤバい、ヤバすぎる。事務所が匙(さじ)を投げてもしょうがないと思うのです。

目に余っていたフジモンへのブサイクいじり

 優樹菜サンが本当に不倫をしたかどうかはわかりませんが、私は謎がとけたような気持ちになったのでした。今から約1年前、本連載28回で優樹菜サンを取り上げたのですが、そのころの彼女について、どうも気になっていたのがフジモンへの執拗な「ブサイクいじり」だったからです。  たとえば、2019年6月12日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した優樹菜サンはフジモンからの着信時に俳優・斎藤工の写真が出るように設定していることを明かし、その理由を「毎日ブサイクと一緒にいるから。電話かかってきたときぐらいは、一瞬でも、自分の旦那さんは斎藤工だって現実逃避したかったから」と説明しています。どんな男性が好みかを聞かれた彼女は「もう、フジモンじゃなければ大丈夫」とも答えていました。  優樹菜サンはイケメン好きで、自身のエッセイ『ユキナ婚。』(講談社)によると、フジモンにアプローチされても恋人候補として見ることはできなかったそう。けれど、フジモンの一途さに心を動かされて、交際・結婚を決めます。仲がいいからこそ、テレビで夫を落としているという見方もできるでしょうが、自分の夫でお子さんたちの父親をここまで貶(おとし)める必要があるのか私には疑問でした。不倫疑惑が勃発した今になって考えてみると、もうあのころ、すでに優樹菜サンの気持ちはフジモンから離れていたのかもしれません。

【関連記事】