Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NMB48加藤夕夏、川上千尋らダンス選抜ユニットが配信ライブ開催 ファンを魅了したライブをレポート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

NMB48の東由樹、石田優美、加藤夕夏、川上千尋、河野奈々帆、小嶋花梨によるダンス選抜ユニット、だんさぶる!の単独ライブ『NMB48 FIRST ONLINE LIVE 2020 だんさぶる!~Jack-in-the-Box~』が20日(木)行われた。 【写真】キレキレのダンスを披露する加藤夕夏、川上千尋らだんさぶる!メンバー 本来ならば3月23日に、大阪・なんばHatchでの単独ライブが予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。本公演もニコニコ生放送を通しての無観客のオンラインライブとしての開催となった。 メンバー紹介の映像が流れた後、黒のコートに身を包んだ6人がステージに登場! オープニングからシンクロ率の高い、キレキレのダンスを見せつける。さらに7曲連続ノンストップメドレーという、これぞだんさぶる!という圧巻のパフォーマンスが終わると、6人はもう汗だく。彼女たちの息遣いがマイクを通して、はっきりと聞こえてくる。それほど激しく、過酷ともいえるダンスを15分以上も続けていたのだ。 最初のMCで、加藤は「3月のスプリングライブは中止になりましたが、こうしてオンラインライブという形で開催できたことを嬉しく思います」と、ライブができる喜びをニコ生の視聴者に伝えた後、「Jack in the Boxというのは、ビックリ箱という意味なんですけど、私たちのパフォーマンスと、オンラインライブならではの演出で、ビックリ箱を開けた時のワクワク感とか、私たちのパワーを画面の向こうに伝えていきますので、一緒に楽しんで下さい!」と、タイトルに込めた意味を熱く語った。続いて小嶋は「石田優美さんは円陣で泣いていました(笑)」と、開演前の裏話を暴露。ニコ生に寄せられた、ファンからの「ななほ、ハイテンションやなぁ」というコメントに対して、「セットリストが楽しくて、口角が上がるんです」と、笑顔を見せた。 そして、だんさぶる!のライブの恒例とも言えるソロコーナーへ。

【関連記事】