Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リオ五輪金メダリストの女子レスリング登坂絵莉、結婚発表 お相手は総合格闘技の倉本一真選手

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 2016年のリオデジャネイロ五輪・女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手(26)が5日、自身のツイッターを更新し、総合格闘技の倉本一真選手(34)と結婚したことを発表した。 【写真】倉本一真選手との2ショットで結婚報告した登坂絵莉選手  登坂選手は倉本選手との2ショットを添えて、直筆文で「この度、私、登坂絵莉は、かねてよりお付き合いしていた元レスリング選手で総合格闘技の倉本一真さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と報告。  「リオオリンピック後、怪我でなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた時、良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生も共にしていきたいと思うようになりました」と結婚に至った思いを伝えた。  自身の選手生活について「私自身は、目標としていた東京五輪出場は叶わず もうー度4年後を目指すと決心することはまだできておりません」と明かし、「まずは、怪我を治すことを最優先にトレーニングを続けながら、今後のこともしっかり考えていきたいと思っております」とつづった。  最後に「まだまだ未熱な二人ではありますが、これからもお互いに高め合いながら、日々精進していきたいと思っております」と決意を新たにした。  倉本選手も自身のツイッターで「本日2020年8月5日、登坂絵莉さんと入籍致しました。気を引き締め より一層精進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します」と報告した。  登坂選手は1993年8月30日生まれ、富山県出身。小学3年生からレスリングを始め、レスリングの名門である至学館高校、至学館大学に進学。2016年リオ五輪の48キロ級で金メダルを獲得し、同年に県民栄誉賞、紫綬褒章を受章。2019年12月の全日本選手権の準決勝で破れたため、東京五輪の代表選考から落選していた。  倉本選手は1986年10月29日生まれ、滋賀県出身。グレコローマンレスリングで活躍し、2012年から3年連続で全日本選手権を制し、2013年には世界選手権にも出場。2017年にプロ修斗デビューを果たした。

【関連記事】