Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「装いは知恵」―ガブリエル シャネルのスタイル&生き方のヒント5

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

8月19日は、シャネル(CHANEL)の創設者ガブリエル シャネルの誕生日。ファッションを愛し、モードを変えた彼女のことばには、スタイル&生き方のヒントがいっぱい! よりおしゃれに、よりポジティブになれる魔法の名言をお届け。 【写真】「スタイルは永遠」――ガブリエル シャネルが生み出した6つのファッション・レジェンド

シャネルはスタイル。ファッションは移り変わるが、スタイルは永遠。

トレンドを追うことに関心はなく、むしろスタイルを持つことを選んだというガブリエル。1924年にファッションデザイナーとして初めてツィードをレディースウェアに取り入れ、1956年に誕生したツィードで仕立てたスーツはメゾンのアイコンのひとつとなり、いまでは永遠のスタイルに。

装いは知恵であり、美は武器であり、謙虚さはエレガンス。

1925年~30年に交際したウエストミンスター公と共にした競馬や狩猟、魚釣りなど、イギリスでのライフスタイルから男性用のアイテムをスタイルに取り入れたガブリエル。彼女の類い稀なる審美眼が、現在のモードを築いた。写真のガブリエルの着こなしは、今見ても新鮮! Photo: 1924年、ウェストミンスター大公とイギリス・チェスター州の競馬場にて。

装飾品、なんという技! 美、なんという武器! 慎み深さ、なんと優雅なことか!

ミニマムなリトル ブラック ドレスに、パールネックレスとコスチュームジュエリーのボリューミィなレイヤードスタイル。装飾美が主流の時代への反逆精神から生まれたこのスタイルは、まさにおしゃれの基本。 Photo: 巨匠フォトグラファー、マン・レイによるポートレート。

女性には、とてもかわいらしい存在であってほしいの。 そして、自由であってほしい。自由に腕を振って、颯爽と歩いてほしい。 時代に取り残されずに。

ボーダーTシャツにセーリングパンツ。コルセットから女性を解き放し、自由を謳歌するスタイルのひとつとして、マリンルックを提案したのもガブリエル。 Photo: 1930年、南仏の自邸「ラ パウザ」にて愛犬Gigotと共に。

働く女性にはベージュと黒がぴったり。

「朝の出勤時にはベージュと黒の服装で出かけて、ベージュと黒の服でランチをとって、そして夜のカクテルパーティーにもベージュと黒。朝から晩まで、きちんとした格好でいられるから!」ーガブリエル シャネル 1957年に、ベージュ×ブラックのバイカラーのスリングバック シューズを発表。いまも、メゾンを象徴する鉄板配色。

【関連記事】