Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシ、“バルサ贔屓紙”に退団騒動&残留決意の真意を語る 「考え方の多くに不一致があった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

メッシが「スポルト」のインタビューに応じる 「クラブのためなんだ」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今オフ、バルセロナからの退団が決定的と見られた中で急転残留を果たして2020-21シーズンを戦っている。今季初の公式戦となった第3節ビジャレアル戦ではPKでの初得点を含む活躍で4-0の大勝に貢献したが、このタイミングでバルサの“贔屓紙”で知られる「スポルト」のインタビューに答えた。 【動画】メッシが神妙な面持ちで残留の理由を語るシーン  同紙は紙面のコメントを抜粋する形で電子版に掲載。この夏に退団の決意をしたとされる理由について「考え方の多くに不一致があったのですが、僕はそれに終止符を打ちたいと思います。すべてのバルサファンは団結して、最高の状態にはまだ到達していないと信じていかなければいけない」と発言。そして「僕自身に間違いが存在したとしても、それはFCバルセロナをよりよく、より強くするためのものだけだったと考えている」とクラブ愛を強調している。  残留を決めたことについてメッシは「情熱とパッションを積み重ねていくことが目的を達成するただ一つの方法で、常に団結して、同じ方向に(船を)漕いでいかないと」、「僕はすべてのソシオと僕らをサポートしてくれるすべてのカタルーニャ人にメッセージを送りたかった。僕が発言したことで誰かが悩んでいたとしたら、僕はいつも最善を考えて行動したことは間違いない、それはクラブのためなんだ」とも話している。  強化方針などで不可解な動きを見せるジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らクラブフロントへ厳しい目が向けられる中、メッシはあくまでファンのためにクラブをよりよくしたいとの考えは不変のようだ。

Football ZONE web編集部

【関連記事】