Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

荒牧慶彦、植田圭輔、小澤 廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成が料理対決で蒼井翔太の心を掴む!? ドラマ『REAL⇔FAKE』のスペシャルイベント

配信

エムオンプレス

舞台を中心に活躍する人気若手俳優陣が共演して話題を呼んだオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』。昨年、MBS/TBSドラマイズム枠にて放送されたあとも、ストーリー内のユニットメンバーとしてCDを発売するなどファンの注目を集めている。 2月12日と13日には神奈川県民ホール大ホールにてスペシャルイベント「REAL⇔FAKE SPECIAL EVENT Cheers, Big ears!2.12-2.13」も開催され、その模様を収めたBlu-ray&DVDが6月24日にリリースされる。『REAL⇔FAKE』YouTubeオフィシャルチャンネルではライブパートダイジェスト映像も公開。 そこで、キャストの荒牧慶彦、植田圭輔、小澤 廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、蒼井翔太、染谷俊之が登壇し、ドラマで演じた人物として(!)、番組の公開収録という設定のバラエティコーナーで悪戦苦闘したり、ライブコーナーでソロ曲を歌い上げたりと、満席の会場を盛り上げたイベントについて、2月12日の模様(※染谷俊之は13日の出演)のレポートを届ける。 【写真】牧野凪沙 役の荒牧慶彦さん 取材・文 / 片桐ユウ ◆「Stellar CROWNS」のレギュラー番組公開収録。ゲストには朱音。 開演時間になり幕が上がると、ステージには豪華なセットが。上手(かみて)には大きなハート、下手(しもて)には白い布に覆われた不思議な立体。高く段差のついた後方にはテーブルセット、その上には「BISTRO CROWNS」と書かれたボードが掲げられている。手前には3つの机が並んでおり、何が行われるのか知らされていない客席からはざわめきが起こる。 すると、ドラマ内で結成された男性ユニット「Stellar CROWNS」メンバーの音声が客席に流れ出す──。 牧野凪沙(荒牧慶彦)、育田悠輔(植田圭輔)、沢瀬 凛(小澤 廉)、鈴木翔琉(佐藤流司)、梅原黎士郎(松村龍之介)、瀬名征行(和田雅成)が、裏でわちゃわちゃと掛け合う様子が音声で伝わってくると同時に、イベントの諸注意も読み上げられていく。 ちなみにこのアナウンスの前半は影ナレ(ナレーション)ではなく、征行(和田)いわく「俺たちのプライベートな会話がうっかりマイクに乗ってしまった」という設定。 彼らの関係性がうかがえるやりとりや、諸注意を読み上げるようにと渡されたメモの漢字が読めずにつっかえる翔琉(佐藤)のしどろもどろさが流れるたび、会場からは大きな笑いが起こっていた。 彼らの音声が流れ終わると、キングレコード……ならぬ、ドラマ内にあった「クイーンレコード」のスタッフが現れ、本日のMCを務めることを宣言。合わせて今回のイベントは、出演者たちが俳優としてではなくドラマで演じた人物として登場することを説明する。 そしてこれから始まるコーナーは、彼らのアナウンス内にもあったように「Stellar CROWNS」がレギュラーとしている番組の公開収録であり、ゲストに朱音(蒼井翔太)を迎えて行われること。内容は3チームに分かれたStellar CROWNSメンバーがゲストのリクエストで料理を作り、その勝敗を判断してもらう……という、どこかで見たことのあるような“お料理対決”であることが明かされる。 説明時から笑いと戸惑いを隠せない客席に、クイーンレコードのMCも「リハーサル時、私は朱音さんのことをずっと“蒼井さん”と(キャスト名の方で)呼んでいました」と明かして会場をなごませる。 ◆オーダーは「ハッピーなバレンタインチョコレート」 全体がリラックスしたところで、いよいよ出演者たちの登場。 最初にステージに現れたのは育田悠輔(植田圭輔)&梅原黎士郎(松村龍之介)ペア。 緊張した様子の黎士郎(松村)が「今日はおいしい料理を作りたい」というコメントを噛んでしまうと、悠輔(植田)がすかさず「緊張しているんだよね。“作らったい”って言ったし(笑)」とフォローしながらツッコミを入れ、ナイスコンビぶりを見せつける。 続いて登場した鈴木翔琉(佐藤流司)&沢瀬 凛(小澤 廉)ペアは、凛(小澤)が「どんなオーダーがきてもハンバーグしか作りません!」と断言。ほとんど料理をしないという翔琉(佐藤)も「こねればいい(から大丈夫)」と乗っかり、会場は爆笑。 最後は牧野凪沙(荒牧慶彦)&瀬名征行(和田雅成)ペアが登場。凪沙(荒牧)が「こんにちはー!」とにこやかに挨拶するも、征行(和田)はイベントの時間帯に合わせて冷静に「こんばんは」と修正。 「勝利の女神」だと凪沙(荒牧)が持参したのは、ドラマ内にもいたクマのぬいぐるみ。テーブルの上に置いて見守ってもらう模様だ。 メンバーが揃ったところで、本日のゲスト・朱音(蒼井翔太)が迎え入れられると客席からは大きな拍手と歓声が上がった。 征行(和田)が朱音(蒼井)を見上げながら「キレイだ……」とボソッと発言して総ツッコミを受けたり、翔琉(佐藤)が「朱音さんは回鍋肉(ホイコーロー)が好きだから回鍋肉を作ろう」と突然言い出すなど、早々に自由度が高まるなか、まずは下手(しもて)に設置されていた食材コーナーを解禁することに。 掛けられていた布を取ると、そこには生クリームやフルーツを中心としたスイーツ食材の数々が。それを見た朱音(蒼井)により、オーダーは「ハッピーなバレンタインチョコレート」に決まった。 「ウィー・ムッシュ!」と勢いよく返事をしたStellar CROWNSメンバーたち。“ガチ”の賞品・焼き肉ペア2万円券を賭けて優勝を競う。 早速、エプロンの付け方に四苦八苦する男子たち。しかしそこはドラマ内でも同室同士のペア。良きコンビネーションでお互いにエプロンを結び合い、食材選びをスタートさせる。 テーブルごとにケーキスポンジの土台が置いてあり、何をトッピングしてどのようなデコレーションをするのかが試される対決だ。 朱音(蒼井)が好きだと話したメロンの争奪戦をはじめ、キライだと言ったニンジンを押し付け合ったりとドタバタする3チーム。 凪沙(荒牧)によるデコレーションのヘタさに爆笑する征行(和田)がいる一方、真顔で生クリームを塗る凛(小澤)の器用さに注目が集まったり、翔琉(佐藤)のホイップクリームの造形にツッコミが入ったりと、どのチームからも目が離せない。 悠輔(植田)&黎士郎(松村)ペアは着々と仕上げつつ、他チームへのツッコミも欠かしていなかった。 途中、製作中のテーブルを朱音(蒼井)が回ってデコレーションのテーマを尋ねたり、各ペアのコンビネーションを試す3択問題ミニゲームが行われる場面もあり、料理中も盛り上がりどころがたくさん。 3択問題ではバレンタインにまつわる問題が出題されたのだが、“チョコブラウニー”や“マカロン”、“ガトーショコラ”と次々に出てくるチョコレート菓子の種類に対して、メンバーが「???」と不思議そうな表情を浮かべるシーンも。意外なほどチョコレートへの知識が薄い男子たちの様子に会場からはざわめきと笑いが絶えない。 序盤では「いつ誰から綻びが出るかドキドキしちゃいますね……」と微笑んでいた朱音(蒼井)だが、コメントで絶妙に軌道修正を施し、会場に向かって各チームへの声援を呼び掛けるひと幕も見られた。 各チームのミニゲームが終わったところで、それぞれの料理も完成。 まずは、凪沙(荒牧)&征行(和田)ペアの完成品から実食が始まる。料理中にテーマを聞かれたときに「アラビアータ」と答えて爆笑を起こしていた凪沙(荒牧)だが、ハート形のおせんべいを使ったところを「塩気がポイントってことだね!」と朱音(蒼井)にフォローしてもらい、満足げ。 悠輔(植田)から「宇宙人同士で会話すな!」とツッコまれつつ、いよいよ朱音(蒼井)が一口! そして「大根だ……」と衝撃のひと言。 デコレーションで盛り付けられていた白いハートの食材、梨だと思われていたものがまさかの大根だと判明。 実は、実食前に翔琉(佐藤)が冗談半分に「それ大根っすよ」と言っていたものの、全員「そんなわけがない」と笑い飛ばしていたのだ。本当に大根だったことで、会場は爆笑の渦に包まれた。 ミラクルな展開のあと、次に料理が完成していた悠輔(植田)&黎士郎(松村)のケーキを実食。テーマはドラマタイトルでもある「REAL⇔FAKE」。チョコレートのホイップクリームと、白い生クリームホイップが半々に塗ってあり、朱音(蒼井)の二面性を表現したとのこと。 朱音(蒼井)も二口食して「グッドです!」と笑顔を浮かべ、悠輔(植田)&黎士郎(松村)も嬉しそうな表情に。 最後は翔琉(佐藤)&凛(小澤)ペアの作品。カットしたバナナをぐるっと側面に盛り付け、マシュマロを飾った華やかなケーキ。テーマは「夢の国」として、「~メロンを添えて~」というサブタイトル付き。朱音(蒼井)が好きだと話したメロンを半玉、そのまま横に添えるという超メニューで勝負をかける。 しかもメロンを掬う用に柄杓が置いてあり、朱音(蒼井)は「神社に来た感じですね」とコメントしながら一口。そして「うん、新鮮でした!」と述べて、爆笑をさらっていた。 凪沙(荒牧)&征行(和田)ペア=「インパクト」、悠輔(植田)&黎士郎(松村)ペア=「アイデア」、翔琉(佐藤)&凛(小澤)ペア=「新鮮」と評した朱音(蒼井)が最終的に選んだのは、凪沙(荒牧)&征行(和田)ペア! 会場だけでなく、出演者も驚きの勝者決定に「えー!!!」とどよめき立ったものの、その後は全員で勝者のケーキを食してコメントし合い、和気あいあい。 料理対決コーナーは笑いと驚きに満ちて終了した。 ◆満席の会場に各カラーのペンライトがきらめく 後半はお待ちかねのライブコーナーへと移り、「REAL⇔FAKE」のMVでも着用された黒い衣裳に着替えたキャストがそれぞれのソロ曲を歌い上げ、満席の会場に各カラーのペンライトがきらめいた。 前もって出演者の中で行われたというくじ引きによって決定した、セットリストは以下のとおり。 1. Paradox/沢瀬 凛(小澤 廉) 2. Why Why Why/梅原黎士郎(松村龍之介) 3. Someday/瀬名征行(和田雅成) 4. From now on/育田悠輔(植田圭輔) 5. P-F-Up!!/牧野凪沙(荒牧慶彦) 6. Toxic Liar/鈴木翔琉(佐藤流司) 7. 天使の心/朱音(蒼井翔太) 8. REAL⇔FAKE/Stellar CROWNS with 朱音 凛(小澤)はアクロバットを交えて歓声を起こし、黎士郎(松村)はキレッキレのダンスを披露。征行(和田)はミラーボールの下でロマンティックに、悠輔(植田)は客席を煽りながら勢いに乗った。 ポップでキュートテイストな凪沙(荒牧)の楽曲、スモークの中でロックに決めた翔琉(佐藤)のあとは、羽根の降るなかで朱音(蒼井)が“天使の歌声”で歌い上げ、アクタートークを挟んで最後は全員で「REAL⇔FAKE」を熱唱。 最高潮の盛り上がりで、イベントは終了した。 (c)「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS 荒牧慶彦、植田圭輔、小澤 廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成が料理対決で蒼井翔太の心を掴む!? ドラマ『REAL⇔FAKE』のスペシャルイベントは、WHAT's IN? tokyoへ。

【関連記事】