Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46 齋藤飛鳥「bitFlyer」イメージキャラクターに就任、フルリモート撮影CMに挑戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

乃木坂46の齋藤飛鳥が仮想通貨(暗号資産)取引所「bitFlyer」のイメージキャラクターに就任。新テレビCMが24日から放送開始した。 【写真】齋藤飛鳥がフルリモート撮影に挑んだTVCM 今回のCMはフルリモートで撮影を実施。スタッフが誰一人現場に行くことなく、齋藤は準備から本番まで一人きりで行う必要があるためセルフメイクはもちろん、衣装は私服の中から選び、更には自身の手でカメラを持ち、自宅で自撮りをするような恰好で撮影された。仮想通貨をまだ知らなかった齋藤が今回のテレビCM出演をきっかけに、仮想通貨に興味を持つ、というストーリーになっている。 また、イメージキャラクターに就任を記念してサイン入りグッズ当たるキャンペーンも実施中だ。 ▽齋藤飛鳥コメント 「まずテレビCMを自宅で撮るっていうのが私は初めてで、そういうテレビCMを見るのもなかなか無いなと思うので、新鮮ですごい楽しかったです。機材がたくさん届いて、全部自分でカメラとかマイクとかをセッティングして、さらにリモートで監督さんやスタッフさんとやり取りするために画面を繋ぐなど色々なセッティングがあったので、それを一人でやるのがちょっと難しかったです。いつもスタッフさんがしてくださっていることだと思うので、スタッフさんの気持ちが分かって楽しかったです」

ENTAME next編集部

【関連記事】