Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【K-1】武尊が告白「体調を崩して、コロナではなかったけれど死ぬ可能性がある病気は怖いなって」

配信

ゴング格闘技

2020年6月6日(土)K-1 JAPAN GROUPの公式YouTubeチャンネルでの生配信で、中村拓己K-1プロデューサーがK-1の今後のスケジュールについて発表を行った。 【写真】ジムワークを再開し、すでに引き締まっている肉体を自身のSNSで披露した武尊  K-1は7月26日(日)福岡国際センター大会を延期(延期の期日は未定)、8月22日(土)エディオンアリーナ大阪は9月22日(火・祝)同じエディオンアリーナ大阪第一競技場での開催に延期となった。  Krushは6月21日の『Krush.113』後楽園ホール大会を6月28日(日)東京・新宿FACEに延期、6月28日の『Krush.114』は7月11日(土)後楽園ホールに延期、7月21日(火)後楽園ホールの『Krush.115』はそのままの日程で実施されることに。  それに伴い、6月28日(日)、7月11日(土)、7月21日(火)のKrush3連戦を「ABEMA」がインターネット無料独占生中継することも発表された。  このKrushとK-1の再始動に向け、「ABEMA」格闘チャンネルの公式YouTubeではK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)のインタビュー動画を公開している。  緊急事態宣言による自粛期間中は「基本はずっと自宅で自粛していて、トレーニングも家でできる環境を作った。芸能の仕事はほぼなくなって、やってもリモート収録くらいで。逆にそこは休めた、トレーニングに集中できたかなって」と、トレーニングと休息に時間をあてたとする。 「早く状況を変えていくには我慢するしかないという気持ちでいました。これはこれで、自分がやれることをやる期間だろうなと割り切っていました」と、この期間を捉えていたという。  武尊自身、「体調崩したりもあって、コロナではなかったけれど恐怖というか。死ぬ可能性がある病気は怖いなっていうのがあって。みんなが意識を高めないと早く終わらないなって」と体調を崩したことで恐怖を味わった瞬間があったと告白する。  6・28『Krush.113』の注目試合には王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)vs挑戦者・篠原悠人(DURGA)、堀井 翼(K-1ジム五反田チームキングス)vs金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)の2試合をあげ、「ゴンナパーはけっこうパンチをもらうので、篠原選手はパンチがあるので当たれば倒れる」「異色対決みたいな感じで堀井選手と金子選手の試合はいいんじゃないですか。堀井選手の気持ちのアツさが出たら、金子選手は淡々と試合をするタイプなので温度差がどうなるのかなって」と見どころを語った。  7・11『Krush.114』では同門の佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がKrushスーパー・ライト級王座の初防衛戦を挑戦者・近藤拳成(大成会館)相手に行う。武尊は「大蔵君は凄い絶頂期。練習では前からめちゃくちゃ強くてそれを試合に出せるようになって強さが証明できた。近藤選手は若くて勢いがあるので、佐々木選手の上手さに勢いでどういけるかじゃないですか」と予想した。  試合について武尊は「やっぱりお客さんは試合を待っていると思うので、その試合を見てパワーをもらえたり、元気がなくなっている人たちが試合を見て元気をもらえると思うので、いいんじゃないかなっていう。格闘技のチカラをエネルギーに変えてもらって、みんなが元気になればいいなと思うので、みんなに試合を見てもらえるように僕も頑張ります」と、格闘技の試合で元気を与えていきたいと話した。

【関連記事】