Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

データ経営で「100円均一」 小売り編/トップ自ら考案、緻密な需要予測で圧倒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済
データ経営で「100円均一」 小売り編/トップ自ら考案、緻密な需要予測で圧倒

明るい店構えや雑貨を中心とした品ぞろえで「100均」業界をリードする

<2017年6月3日号> セリア 明るい内装とおしゃれな雑貨類の品ぞろえで、女性に人気の100円ショップ、セリア。売上高は1453億円(2017年3月期)と、業界首位・大創産業(ザ・ダイソー)の4200億円に次ぐ2位。ただ、前期比伸び率は、大創の6.3%に対して11%。また、業界3位のキャンドゥは4.3%、4位のワッツは3.9%。直近だけでなくここ数年も、増収率は競合各社を上回っており、セリアの勢いは目を引く。また、売上高営業利益率は10.4%と、キャンドゥの3.4%、ワッツの2.6%を大きく上回るだけでなく、小売り業全体の中でも高い水準を誇る。

本文:2,011文字

写真:4
  • (写真:週刊東洋経済)
  • (写真:週刊東洋経済)
  • 自ら発注支援システムを開発した河合映治社長。現在もデータチェックは欠かさない

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

丸山 尚文 :東洋経済 記者