Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日焼け止めの決定版、ニベア&ビオレは1000円以下でもすごかった

配信

女子SPA!

 友人から「あれ?海にでも行った?」とよく言われるほど日焼けしやすい私は、日焼け止め選びにかなり力を入れています。 ⇒【写真】何度もリピートしているニベアのウォータージェル  今まであらゆる日焼け止めを試してきた結果、2年前にようやくコレ!という日焼け止めを見つけることができ、今では何本もリピートしているほどです。  大容量&1000円以下というコスパと付け心地を重視した、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

SPFとPAからわかる日焼け止めレベル

「SPFは30よりも50の方が日焼け防止できそう」 「PAの+は多ければよさそう」  というように、なんとなく数値が高ければ日焼け防止レベルが高そうなイメージがありますよね。しかし利用シーンにあわせた適切な日焼け止めを選ぶには、数値が高いことに注目するのはNGです。  まずサンケア指数であるSPFとPAとはなにかについてチェックしてみましょう。 ・SPF:赤くなってヒリヒリする(サンバーン)までの時間を何倍にのばせるのかを表す ・PA:シミやしわの発生に関係する紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の度合  何もぬらない状態で真夏の砂浜にいる場合、色白の人は20分・普通肌の人は25分・色黒の人は30分でサンバーンを起こすと言われています。  例えば普通肌の人がSPF50の日焼け止めを使った場合、通常であれば25分でサンバーンを起こすところ、25分×SPF50=1250分(約20時間)引き延ばすことができるということです。  また利用シーン別に適したSPF・PAの基準もあるので、日焼け止め選びの参考にしてください。 ・お買い物や散歩などの日常生活:SPF10~20、PA~++ ・屋外レジャーやスポーツ:SPF20~35、PA~+++ ・炎天下でのレジャーや海:SPF35~50、PA~++++  日焼け止め効果を高めるためには、数値の高さよりも2~3時間おきにこまめにぬりなおすことの方が大切です。  それでは、何度もリピートしているコスパ&付け心地抜群の日焼け止めを2つご紹介します。

【関連記事】