Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「いつクビになるかわからない」観光・飲食業で“失業予備軍”が激増。一方で急増する“ある求人”とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナの感染拡大の影響で、飲食業や観光業が大きなダメージを受け、仕事を失う人も増加している。 【全画像をみる】「いつクビになるかわからない」観光・飲食業で“失業予備軍”が激増。一方で急増する“ある求人”とは? 総務省が2020年5月29日に公表した労働力調査によると、2020年4月の完全失業率(季節調節値)は2.6%。3カ月連続で増加した。最も影響を受けた業界は、「宿泊業、飲食サービス業」で、就業者数は前年同期比で46万人減少している。 雇用契約を維持したまま一定の給与が支払われるものの、勤務先の先行きによっては「潜在的な失業」の可能性もある「休業者」は、2020年1月は194万人だったが、2020年4月には約3倍の597万人に急増している。 新型コロナ感染の第二派の到来も懸念され、雇用環境が厳しさを増す中、観光業や飲食業で働く人の中には、仕事がなくなったり、休業になったりして、新たな収益源の確保を迫られている人たちもいる。

沖縄での仕事がキャンセルに

「スキーや海が好きなので、自分も楽しみながら、お客さんも楽しませられる。そんな仕事を続けていければと思っていましたが、今後どうなるのか正直分かりません」 神奈川県に住む茂木翔平さん(30)はそう話す。 茂木さんは約5年前から、夏は沖縄、冬は北海道に行き、マリンスポーツやスキー場での仕事をしながら、住み込みで働く生活をしてきた。 住み込みでの収入は額面で年収約300万円。北海道と沖縄の間の時期には、副業としてフードデリバリーの配達員も行っていた茂木さんだったが、新型コロナの影響で住み込みの仕事はなくなった。

「沖縄に来るのは遠慮してほしい」

2019年も12月から北海道のスキー場で働いていた茂木さんだが、海外から北海道を訪れる観光客は激減。4月中旬まで予定していた北海道での仕事は、3月中旬には切り上げ、神奈川県に帰ることになった。 5月のGW前からは沖縄で働くはずだったが、それも延期になっている。 「非常事態宣言が出ており、『感染源の東京から沖縄に来るのは遠慮してほしい』と言われました。 毎年7~9月は予約でいっぱいだったのに、今年は9月に予約が数件だけというお店もあるようです。コロナの影響の大きさを肌で感じています」 仕事がなくなった4月以降、茂木さんの収入源になったのは、フードデリバリーの配達員だ。5月は週5日働き、手取りは約17万円だったという。 「7月から沖縄で働けるという話もあるのですが、あくまで予定です。もしも第二波が来たらまた、仕事はゼロになってしまうでしょう。 好きで続けてきた仕事なので、戻りたいと思ってはいますが、業界を変えて働かないといけないかもしれません。 デリバリーの仕事を続けながら、状況を見守りたいと思っています」

【関連記事】