Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】広がる「無痛分娩」…産後の負担が軽減される一方、母子死亡のケースも 安全性には「施設によって大きな違い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

陣痛をやわらげる無痛分娩は、欧米では広く普及していて、日本でも年々増えてきています。 一方で、妊婦や赤ちゃんが亡くなる事故も相次ぎました。 無痛分娩で2人の子供を産んだ母親の体験から、課題を探りました。

2人目も…「無痛分娩」を選択した女性

大阪市に住む鈴木優子さん(39)(仮名) 今年、2人目の子供を妊娠しました。

【鈴木優子さん(39)】(仮名) 「高齢出産なのがあって、やっぱり産んだ後にすぐ体力が回復しやすいとかそういうことを聞いていたので、もう一度無痛分娩をしたいなと決めてました」

日本で年々増加している無痛分娩。 陣痛が和らぎ、産後の回復が早いとされています。

無痛分娩は、背中に注射をして、脊髄を取り巻く硬膜と呼ばれる部分の外側に麻酔薬を注入。 意識を保ったまま、陣痛を和らげます。

フランスではお産全体の82%、アメリカでは73%が無痛分娩で、欧米では、広く普及しています。

1人目の出産は…「麻酔医が不在」だった

1人目を出産した3年前にも、無痛分娩をした鈴木さん。 しかし、その分娩は思っていたものとは違いました。 【鈴木優子さん(39)】(仮名) 「痛みはやっぱり6割7割はあったんじゃないかなという感じでした、陣痛の最後、出てくるとこらへんあたりは、やっぱり痛くて…どうしようもなかったですね」 夜間の分娩になったため、麻酔科医が不在で、薬の調整ができなかったのです。 【鈴木優子さん(39)】(仮名) 「勝手にイメージで『大丈夫、ちゃんとしてくれるだろう』っていう甘い認識というか、そういうのはありました。…全然わかってなかったですね」

無痛分娩で「母子死亡」のケースも

鈴木さんに不安を感じさせる出来事もありました。 無痛分娩で妊婦や赤ちゃんが死亡する事故が相次いで明らかになったのです。

大阪府内のクリニックで3年前に無痛分娩を行った長村千惠さん(当時31)。 麻酔の直後に呼吸困難となり、10日後に低酸素脳症で亡くなりました。

【千惠さんの父・安東雄志さん】 「(千惠が)ここはすごく体制がしっかりしてるんだと、きちっと色々調べたら、いろんな形で専門医がいてとか、いろんなことを私に説明するんですね」 しかし、実際に分娩に立ち会った医師は、産科の院長だけだったということです。 【千惠さんの父・安東雄志さん】 「現状は結局野放し状態じゃないでしょうか。国もあるべき姿はこうだから、そういう形で法整備を進めるとか監視するとか、管理するとかは一切行われていない状態」

【関連記事】